芸能

86年の斉藤由貴と浅香唯(2)由貴には歌詞をきちんと伝えるような歌を作りたい

 長岡は由貴のデビューに「作詞・松本隆、作曲・筒美京平」という、これ以上ないゴールデンコンビを用意した。それも、ただ依頼しただけではなく、何度となく三者でミーティングを重ねたのだ。

「由貴さんがオーディションで歌った5曲を録音して、それを2人に聴いてもらったんです」

 松田聖子の「夏の扉」に「SWEET MEMORIES」、原田知世の「時をかける少女」、あみんの「待つわ」、そして中島みゆきの「悪女」だった。聴き終えて感想を求めると、松本と筒美の意見は一致した。

「あみんの『待つわ』が心に響いたというんです。彼女は歌声が澄んでいて、表情も豊かである。ジャンル分けではないが、それなら、歌詞をきちんと伝えるような歌を作ろうということになりました」

 本来は筒美の作曲が先ということが多いが、これに関しては松本の「詞先」とした。すでに「卒業」というタイトルは決まっていて、それなら彼女が通う高校はどんな風景か。桜並木があって、校庭はアスファルトではなく土のはずだ‥‥。こうした議論を重ね、松本隆一流の叙情的な世界が完成する。

「レコーディングでは筒美さんがサビの部分を追加したんです。当初は『卒業式で泣かないと‥‥』だったのを、その前に『ああ』と入れようと」

 せつなさが増幅され、今なお卒業ソングとして揺るぎない人気を誇るスタンダードになった。

 さらに長岡は、シングルでは5作目となる「悲しみよこんにちは」(86年3月)までを立て続けにレコーディングした。それは長岡の“戦略”であり、デビュー曲に自信があればこそ、2曲目以降を固定した路線にされたくないという判断だった。

「だから新曲を出すたび、いつも社内で『イメージが違うね』って言われましたね。どんな曲でも必ず言われるということは、展開としては楽しかった」

 最たる例が13作目の「夢の中へ」(89年4月)であろう。井上陽水の名曲を歌った唯一のカバーシングルであるが、大胆なアレンジや振り付けも功を奏し、最大のヒットを記録した。

 長岡はサビの「ウッフッフ~」の部分を、由貴がどのキーで、どう歌うかを聴きたかった。陽水の事務所に出向き、大胆なアレンジになることの了解を得た上での“冒険”だった。

 最初の出会いから30年近くが経つが、今も由貴の教会でのコンサートをプロデュースするなど、変わらぬ縁は続いている。

「由貴さんのライブは歌で癒されて、毒舌のMCで大笑いさせられるという独特のライブ。あの飄々としたマイペースさは、樹木希林さんと共通したものを感じます」

 初期の代表作「はね駒」では、母親役の樹木希林が芸術選奨文部大臣賞、由貴が文部大臣新人賞という“出会い”があったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴