芸能

森咲智美、祖母の口から飛び出した名古屋アイドル時代「地獄の生活だがね」!

 森咲智美といえば、Gカップのバストを誇るダイナマイトボディの持ち主で、キネマ旬報社主催の〈グラビア・オブ・ザ・イヤー〉で2018年、2019年と連続でグランプリを受賞するなど、現在は押しも押されもせぬ人気グラドル。しかし、そんな彼女にも、地元・名古屋でアイドルとして活動していた長い下積み時代があり、意外にも極貧生活を送っていたとしみじみ過去を語る番組があった。

 森咲智美のYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉の、4月15日に投稿された〈極貧アイドル時代について、地元お婆ちゃんに聞いてみた。【森咲智美【Vlog】】〉でのことだ。

 この回は、森咲が祖母の家を訪ね、「今日は頑張ってつくった」と笑顔で語るかくしゃくとした祖母の手料理をご馳走になりながら、近況について語り合うといった内容だった。

「仕事は順調かね?」おばあちゃんの問いかけに、「この間、まさかの写真展を開いたよ。名古屋にいたときよりは、アイドル時代よりは頑張ってる」と、アイドルグループ〈OS☆U〉として活動していた頃を引き合いに出し、好調をアピールした森咲。すると、おばあちゃんが「アイドル時代はかわいそうだったな」と言うと、以下こんなやりとりが続く。

森咲「お金なかったねえ」

おばあちゃん「地獄の生活だがね」

森咲「やっぱり、そう思ってたの?」

おばあちゃん「だけど好きなことだし、しょうがない」

森咲「まあねえ、まあまあ…楽しかったし。今はそれのね、(収入が)倍の、倍の…10倍、20倍くらい」

 また、おばあちゃんが孫を心配して「あんた早く結婚せんと、置き場所がないぞ」と心境を吐露すると、森咲が苦笑いを浮かべるといった一幕もあった。

 最後は、「(グラドルで)今、テレビに出る人おるやんね。なんで出ないのかなって思って?」とおばあちゃんの疑問に、「私、トークが…弱い…。ほんとうに苦手、人としゃべるの。だからバラエティとかも途切れちゃう」と包み隠さず告白する場面もあり、森咲が、「意外な一面」をのぞかせる貴重な回となった。

 これに視聴者からは、〈心が温まりました〉〈下積み期間の長さがファンを大切にする姿勢に表れていますね〉と高評価のコメントが相次いだ。

 ふだんは艶っぽさを売りにしている森咲だが、こんなほっこりする動画もたまには悪くない。意外な森咲の一面を引き出せる、おばあちゃんの再登場にもぜひ期待したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」