芸能

白石聖、唇の色香は石原さとみ以上!/若手女優「演技ハンパない!番付」(終)

 元AKB48の川栄李奈は、電撃婚の末に昨年11月9日に第1子を出産したが、女優としての行方が気になるところ。

「元AKBでは断トツに女優としてブレイクし、後輩たちの励みになったと思います。キレ味とかシリアスな演技が彼女に合っていて、これからどういうふうに展開していくのか楽しみにしていましたが」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 CMは今もオンエアされているだけに、早い段階の女優復帰もあるだろうか。

 西前頭2枚目は、昨夏の大ヒットアニメ「天気の子」(東宝)でヒロインの声優を務めた森七菜だ。

「最近はモデル出身の若手女優が多いですが、そうではない彼女は好感度が際立つ。ヒットした『天気の子』も『3年A組』も、天才的な演技を見せる彼女の起用は大きかったと思います。1月に岩井俊二監督の『Last Letter』(東宝)も公開されましたが、この出会いも大きな財産になると思います」(前出・高倉氏)

 記念すべき朝ドラ100作目の「なつぞら」(19年)でヒロインとなった広瀬すずは、演技力については賛否が分かれるところだが、ただ、誰の目も引きつける“華”においては極上品。

「17歳で米兵に暴行される役を演じた『怒り』(16年、東宝)は、迫真の形相。一部で『何をやっても広瀬すず』と言われることはあるが、ある意味、カラーが確立されている証拠でしょう」(芸能評論家・織田祐二氏)

 この透明感に対抗するのは、昨年ブレイクを果たした白石聖だ。石原さとみ似の美少女ということで注目されたが、それだけではなかった。

「狂気をはらんだ女子高生を演じた『絶対正義』(フジテレビ系)は、ネガティブなキャラクターを持つ彼女の闇の部分が引き出されていました。その後に『ゼクシィ』のCMに起用されたことで、若手の登竜門を見事にキャッチしたことになります」(前出・高倉氏)

 唇の色っぽさは、“本家”の石原以上との声も。

 新世代のヒロインはまだまだ続く。上白石萌歌は、綾瀬はるかの義理の娘を演じた「義母と娘のブルース」(18年、TBS系)が記憶に新しい。映画監督の野本史生氏は自身が関わる作品に上白石を推薦したこともあるという。

「CMで歌っている姿も、綾瀬はるかとの母娘役も、興味を持ちますね」

 続けて、有村架純に対してもこんな意見。

「ビジュアルは日本人的な可愛らしい子という感じ。ただ『僕だけがいない街』(16年、ワーナー・ブラザース)のように、グッと光る瞬間を見せます」

 元乃木坂46・深川麻衣は、今年1月の「日本ボロ宿紀行」(テレビ東京系)で初主演。前出・織田氏は「目の輝き、満面の笑顔、うっとりした表情に魅せられた」と太鼓判。そしてラストに控えるのは、土屋太鳳だ。

「彼女が小学生でオーディションを受けた場に、たまたま同席しました。今、世間が思う明るいキャラだけではないシリアスな役もできたし、得意のダンスなど武器も持っているし、今後も幅広い役ができる可能性は高いと思います」(前出・高倉氏)

 まだまだ女優大国ニッポンになることは間違いなさそうだ─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」