芸能

Aカップ黒木瞳はビクビク感じながら…/美女優「敏感バストトップ」(2)

 我々の心と下半身を掴んで離さない、美女優たちの艶シーン。不安や緊張、それとも期待か、あるいは男優の巧みな愛撫に本気でコーフンしてか、「バストトップ」を思いきり硬く尖らせてしまう女優がいる──。

 今年、60歳の大台に突入するとは思えない美貌と若々しい笑顔をキープする黒木瞳も、そんな一人である。

 宝塚歌劇団を退団直後に出演した1986年の映画「化身」でハードな絡みシーンを演じ、当時は「宝塚の歴史を貶めた」との批判を浴びたが、80~90年代の映画で脱ぎまくり、女優としてのポジションと評価を確立した彼女。

「その初主演デビュー作『化身』は、相手役の男優・藤竜也に、前から後ろからあらゆる方向から責められますが、彼女のAカップ微バストの小さな先端は、いつも脱がされた時からピンピン。ギュッと感度が凝縮されたようで、指や舌で弾かれるたびにビクンと体を脈打たせていましたから、本気で感じていたようにしか見えませんでしたね」(映画ライター)

 97年の「失楽園」でのバストトップもすごかった。

「特に露天風呂での絡みシーンです。湯煙の中で対面座位で一つになり、黒木の右バストをもみまくる相手役の役所広司の指の間からこぼれる先端のピン立ち具合は必見ですよ」(選出・映画ライター)

 下の方も潤いまくっていたかも!?(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫