芸能

ラサール石井、「噂では死者数10倍」発言に北と南から「名前変えろ」大合唱!

 新型コロナウイルスを巡って最近、何度となく迷言を繰り返している印象の強いラサール石井に対して、今度は、「名前を変えろ!」と怒りの声が沸き上がっているという。

 石井は5月12日放送の「ひるおび」(TBS系)にリモート出演。前日に東京都が報告漏れや二重計上が原因で感染者数が76人増加と発表したことについて言及。「ボクの噂では死者の数も10倍ぐらい間違えていたと、東京都は」と独自の“仰天情報”を披露していた。

「石井は血気盛んに『統計みたいなものがないのに、どうやってコロナに打ち勝つんだ?』などと東京都を非難。しかし死者数が10倍も間違えているという情報については確たるソースが見つかっておらず、ここで、視聴者からは《エビデンスを示せ!》との批判が殺到することになりました。石井は5月7日にも、大阪府の吉村洋文知事に対して、大阪府民か大阪市民全員を対象にPCR検査をすべきだと提言。これに対しても《医療崩壊させる気か!》と猛批判にさらされており、無責任な発言が呆れられている有様です」(週刊誌記者)

 そんな石井に対して、日本の北と南を中心に「名前を変えろ!」との大合唱が沸き起こっているというのである。どういうことか。

「石井の芸名は出身校である、鹿児島のラ・サール高校に由来しています。同校はカトリック系のラ・サール会が設立した学園で、北海道にある兄弟校の函館ラ・サール高校も含めて屈指の進学校として知られています。そんなラ・サール高校に由来のある人たちから《母校の恥だ!》《ラ・サール出身者が同類に見られるのは迷惑》といった怒りが噴出。中には《以前からラサールを名乗っているのがイヤだった》《卒業を取り消せ!》といった声まであがっているのです」(前出・週刊誌記者)

 石井は大阪からわざわざラ・サール高校に越境入学しているが、同校が重視する道徳教育についてはあまり身につかなかったのかもしれない!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”