芸能

富川悠太アナ、「連続ピンチ」で報ステ“新コンビ誕生”まで囁かれる猛烈逆風

 4月に新型コロナウイルスに感染し、現在自宅療養中の「報道ステーション」(テレビ朝日系)メインキャスターの富川悠太アナに、今度は“妻の虐待疑惑”が発覚した。

「5月11日配信の『文春オンライン』で、富川アナの妻が、自宅で子供に暴言を浴びせたという近隣住民の通報で、5月3日の真夜中に警察官と児童相談所の職員が自宅に駆けつける騒ぎを起こしていたと報じたのです」(スポーツ紙記者)

 コロナ感染に続き、家庭生活を巡り起きた穏やかではないニュースに、テレ朝の上層部も神経をとがらせているという。

「新型コロナの件では、発熱したにもかかわらず、局側に適切に報告せずに『報ステ』に出演を続けたとみられたことから、視聴者の批判が強まり、番組のメンツを潰してしまう形になってしまった。それでも、復帰に向けてタイミングを探っていた矢先の報道で、復帰も先送りになりそうです」(テレ朝関係者)

 そんな中、富川アナの新型コロナ感染判明後に自宅待機で経過観察を経てリモート出演していたメインキャスターの徳永有美が、5月11日にスタジオ生出演で戻ってきた。

 しばらくは徳永が番組を引っ張り、「相棒」の富川アナの帰りを待つことになりそうなのだが、局内では、こんな話も囁かれているという。

「もともと2人のコンビは阿吽の呼吸という感じでもなかった。徳永さんのテレ朝復帰を猛プッシュしたのは早河洋会長兼CEOといわれ、それに対抗心を燃やしていたのが富川アナ、という構図があると言われています。2人の関係に気を遣うスタッフもいただけに、富川アナに代わってピンチヒッターを務め、落ちついた進行で評価を高めた小木逸平アナを新コンビに推す声も出ています」(前出・テレ朝関係者)

 連続ピンチによって番組降板の噂まで流れる富川アナへの猛烈逆風は、まだおさまることはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声