芸能

嵐・相葉雅紀、“まさかのチンパンジー判定”を覆す配信番組で公開「真実の姿」!

 嵐の相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ番組「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」(文化放送)で、相葉が、質問に正直に答えていくと自分の真の姿や性格がわかる「類人猿分類診断」ゲームなるものにハマっていた。

「4月11日放送回のことでしたが、相葉が読み上げられた質問にひとつずつ答えていくと、ファンがこれまで抱いていたイメージと真逆の答えを次々繰り出していきました。で、ファンが想像しなかった性格が導きだされた。何と相葉は勝ちにこだわるリーダータイプで『類人猿』としては『チンパンジー』タイプだったんですよ。リーダーというより、リーダーを盛り立てる、縁の下の力持ちタイプで温厚なイメージが強いと感じていた人が多かった相葉ファンは、かなり面食らっていましたよ」(ジャニーズウオッチャー)

 しかし、配信が始まったドキュメンタリー「ARASHI’S Diary -Voyage-」(Netflix)の第7話を見た相葉ファンは、その時覚えた「違和感」をようやく払拭できた。というのも、そこにはファンが思う「相葉ちゃん」の姿が映し出されていたからである。自分の性格が自分ではよくわからないという相葉が、ゆかりの人物を尋ね歩くという形の同番組で、相葉は女性舞台演出家、ボクシングジムのトレーナー、中学時代の担任教師らのもとを訪れた。

「特に影響を受けたのは、担任教師で、相葉のまっすぐで正直、素直でお人よしな性格を作り上げるのに尽力してくれた人のようでしたね。相葉は仕事を始めたことで部活をやめてぽっかり穴が空いた寂しさや学業との両立の難しさに苦しんだ日々を教師にストレートにぶつけ、受け止めてもらったことが多感な時代の心の支えになったようです。泣いたり笑ったりを繰り返し、成長していく相葉の姿が手に取るようにわかりましたね」(ネットライター)

 相葉が仕事での壁にぶつかった時に熱心に話を聞いてくれたのが、故・志村けんさんだという。番組共演がきっかけで知り合った2人だが、もし志村さんが、生きていたら今の相葉を作り上げた恩人として登場し、優しいまなざしを向け、激励のメッセージを贈ってくれたに違いない。

 そんなふうに、相葉ファンは「芸能人・相葉雅紀」を作り上げた恩人の志村さんが登場できなかったことに改めて涙していたようだ。泣けるドキュメンタリーに仕上がっている。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ