芸能

川口春奈、“雑すぎ!”料理動画から垣間見える「麒麟がくる」好演の源流

 女優の川口春奈が5月17日、自身のYouTubeチャンネル「はーチャンネル」を更新。「はーちゃんクッキング~たこ焼き編~」として“ひとりタコパ”(一人たこ焼きパーティー)の動画を上げている。

“ひとりタコパ”は初めてという川口は、タコやウインナー、明太子、エビ、キムチなどの具材を用意し、「とりあえず焼いていきましょうか」とスタート。油を敷きタネを流し込んでいくのだが…。

「これがかなりの雑さで、プレートが温まらないうちにタネを流し込む適当さ。しかも『まあでも目分量だから。マジで。腹に入ればしまいの話ですよ』と男っぷり全開のコメントでドカドカと具を放り込み、上から揚げ玉をバラバラ振りかけるという、タコ焼き奉行が見たら怒りを爆発させるような荒さでしたね」(ネットウオッチャー)

 ところが、である。ピックを使って丸めるうちに実にキレイにまとまり始め、最終的には焼き具合も抜群のみごとな大きさのたこ焼きができあがったのだ。

「川口も大満足の様子で、いかにもおいしそうに仕上がっていました。ただ、川口のクッキング動画はこれが2回目ですが、1回目と今回を見ても、料理のセンスがあるのかないのかは不明ですね(笑)」(前出・ネットウオッチャー)

 その1回目は肉じゃが編だったのだが、こちらも全て“目分量”。ガンガン野菜を切って鍋に放り込み、水もドバドバ入れて多すぎたため、後でさらに調味料を足すという男料理ぶりを見せている。

「しかし、その肉じゃがも最終的にはうまいこと仕上げていましたね。本人いわく、適当さは母親譲りだそう。今、川口はNHK大河『麒麟がくる』の帰蝶役として、その演技が好評を得て人気も全国的にうなぎ登りですが、沢尻エリカの代わりとして急きょ大役が回ってきた際、当初のプレッシャーは計り知れないものがあったものの、物怖じせず演じきっています。以前の彼女は“低視聴率女優”とのレッテルを貼られたこともありましたが、それを跳ねのけた開き直りと思い切りのよさは、さばけた料理の作り方にも通じているのかもしれません」(芸能ライター)

 だとしたら、母親には感謝しきれないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”