社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<食中毒>「夏場のテイクアウト。最短10分で菌が増殖」

 新型コロナウイルスの影響でテイクアウトを利用する人が増えている。そこで気をつけたいのが食中毒だ。

 農林水産省は公式ツイッターで「気温が高くなると、食品に潜んでいる菌が増えやすくなり、食中毒の危険性も高くなる」「テイクアウトによる食中毒予防の3原則」=「つけない」「ふやさない」「やっつける」と警鐘を鳴らしている。

 本来、中食である弁当製造店では、開発段階から菌の増殖抑制を意識した具材や調理方法、詰め方などを考え、マスク、手袋、帽子の着用など、従業員への衛生教育を徹底している。食材ごとに、まな板などの機材を変え、そのつど、洗浄・消毒を行っているのが大原則。それに対し、コロナ禍で外食から中食に新規参入する場合には、そのノウハウや指導が十分でない場合がある。

 購入者が注意すべきは、食前に必ずきれいに手を洗うこと、食品を小皿などに小分けにする時は清潔な箸やトングを使用。さらに菌を増殖させないため、テイクアウト食品を長時間持ち歩かないことが大切だ。持ち運びの際には保冷パックなどを利用すること。また、帰宅後は早めに食べきり、時間を置く場合は小分けにして冷蔵庫保存することが肝要だ。

 ちなみに、細菌性やウイルス性の食中毒の場合は、直前に食べたものが原因であることはむしろ少なく、2~3日前に食べたものが多い。

 加熱が不十分な肉類などが感染源となる「病原性大腸菌O-157」の潜伏期間は2~3日。生肉・生卵などによる「サルモネラ菌」は12時間~24時間、カキなどで知られる「ノロウイルス」は1~2日で発症する。

 特に夏場は細菌性の食中毒が多く、栄養・水分・温度の三条件がそろうと危ない。30~40度の条件下では最短10分で菌が増殖するとも言われているのだ。時節柄、テイクアウトが多くなるが、これらを踏まえて利用したい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
5
胸がチャイナドレスを突き破りそう!夏菜のバストショットが艶っぽすぎるッ