芸能

ビルボードで“ヒゲダン”上位独占に見る「ドラマタイアップ曲」復権の兆し

 先ごろ、ビルボード・ジャパン2020年上半期チャートが発表され、Official髭男dismが4冠を獲得した。

 ヒゲダンが1位を取ったのは全9部門中、総合ソング・チャートの「HOT 100」、「トップアーティスト」「ダウンロード・ソング」「ストリーミング・ソング」の4部門。特に圧巻なのは「HOT100」のベスト10のうち1位が「Pretender」、2位が「I LOVE…」、5位が「宿命」、7位が「イエスタデイ」と、上半期のトップ10に4曲をランクインさせたことだ。

 その「HOT100」ベスト5を見てみると、ほか3位が「白日」(King Gnu)、4位「紅蓮華」(LiSA)となっているが、この5曲には共通項がある。

「いずれもドラマ、映画などの主題歌に起用されています。『Pretender』は映画『コンフィデンスマンJP』、『I LOVE…』はTBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』、『白日』は日テレ系ドラマ『イノセンス 免罪弁護士』、『紅蓮華』はアニメ『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)、『宿命』は『熱闘甲子園』(ABC)で使われています」(芸能ライター)

 ちなみに17年の年間「HOT100」1位が星野源の「恋」、2018、2019の年間「HOT100」1位が米津玄師「Lemon」で、こちらもそれぞれ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)、「アンナチュラル」(同)の主題歌だ。

「90年代頃はドラマのタイアップ曲はヒットしやすく、小田和正の『ラブ・ストーリーは突然に』 や浜田省吾の『悲しみは雪のように』(リメイクバージョン) 、藤井フミヤ『TRUE LOVE』 など、大ヒット曲が次々と生まれました。近年は影響力が落ちてきたと言われていましたが、17年の星野源ぐらいから再び影響力が復活した印象です。今年上半期も、それが表れていると言えるでしょう」(レコード会社関係者)

 ネットの時代になっても、全国で売れるにはまだまだテレビの影響力は強いということか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?