芸能

ファーストサマーウイカが打ち明けた芸能界入り成功の“マル秘作戦”とは?

 タレントのファーストサマーウイカが6月13日、「おかべろ」(カンテレ)に出演。オーディション必勝法について語った。

 昨年1月、バラエティ番組「女が女に怒る夜」(日本テレビ系)でMCのくりぃむしちゅー・上田晋也らを相手に毒舌トークを披露したのをきっかけに、またたくまに売れっ子となり、2019年下半期急上昇テレビ番組出演ランキング1位に輝いたウイカ。かつてBiS、BILLIE IDLEとアイドルをやっていたことは今ではよく知られているが、さらにその前からオーディションを受けまくっていたという。

 中学ぐらいから大手事務所を含めて片っ端から受けまくり、NMB48の1期にも応募しようとしたと告白。その日が書類必着日だったため、「なんば花月まで行って、だれに渡したらいいかわからんから、とりあえず警備員さんに『すみません』って」と渡したものの、届いたかどうかは不明だそうだ。

 さらに、秀でたものがなく、オーディションに落ちまくっていたウイカは「こういう人間は程よいアクで残っていかなあかん。インパクト勝負」と思ったと同時に、「でも、やり過ぎて、イキってかかりまくっているやつはうっとうしいから落ちる。そのいいアンバイを数受けて調整した」と明かした。

 ウイカは上京してすぐにBiSのオーディションを受験。全員面接オーディションだったため「書類では写真で落ちてしまうけど、生身で勝負できるんやったら私にはたくさん武器があると思った」とか。

 その際に狙った穴として挙げたのは、まずは目立つために履歴書をレタリングで作成。次に自己PRの箇所には「“アイドル”とは“哀しいドル箱”と書いて“哀ドル”ではないだろうか…」と、自作のポエムを記入。そして「歌って」と言われたときには、「まんが日本昔ばなし」の「にんげんっていいな」をブルース調で披露したという。

 いずれも面接だからこそ可能な程よいインパクト狙いだったようだが、合格後に聞いた受かった理由は、「廊下を歩いてくるとき肩で風切ってたから」だとか。履歴書も歌も関係なかったことになるが、現在のブレークを導いた要因は「宝塚ヘア」「関西弁」「毒舌」という3つのセルフプロデュースの成功とも言われている。どうやら昔から自分の見せ方がうまかったようだ。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…