芸能

ノンスタ井上「実験動画」に〈全部がフリになってて笑った〉と爆笑&称賛の声

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が事務所の後輩であるラフレクラン・西村真二とスイカに輪ゴムを掛けると何本で割れるかといった、なんともバカバカしい実験にチャレンジ!爆笑をさらう「番組」を見つけた。

 井上のYouTubeチャンネル〈NON STYLE 井上365ノンスタイル井上〉の4月22日に投稿回〈【大爆笑】輪ゴム何本でスイカは割れるのか!?〉がそれだ。

 大きいスイカは約500本で破裂すると言われているというのだが、この番組では直径20cmほどの小さいスイカで検証するので、半分の250本くらいで破裂するのではないかと予測を立てた井上。しかし、実験以上に気にかかることもあるようで、「ただし、問題がございます」と慎重に口を開いた…。

 井上といえば漫画好きで、自宅の書棚が壁一面、まるで漫画喫茶並みに漫画本を並べていることで有名だが、この日も自宅の書棚の前で収録が行われた。特に、棚の最上段の各作家先生からもらったイラスト入りのサイン色紙にスイカが飛び散るような惨事だけは避けたいとのことで、破裂しそうになったら、立ち上がりバンザイのポーズで死守すると誓った井上だった。

 そして実験は井上、西村が交互に輪ゴムを掛けてスタート。

「自分のターンで爆発してほしくないわ~」「いっちゃんヤバいのは、(輪ゴムを)掛けに行った時に爆発は一番ヤバい!」と時折、井上がコメントを挟みつつ、順調に310本まで進んだ。すると井上は、

「小玉でも(破裂するのは)500なんちゃうん?大玉の方が輪ゴムが伸びるから、パワーで言うとそっちのほうが強いやん。力点、作用点みたいなもんで。小玉の方が内側に掛かる圧って大玉より少ないから。数学的に考えたら普通そうよね」

 と、何やら意味不明な持論を展開して実験再開。井上が輪ゴムを掛けに行ったその時、スイカが真ん中から割け、みごとに破裂!「うわあ!」と悲鳴を上げ立ち上がる井上に、怯えたように縮こまる西村。

 井上の“数学云々”のくだりを振り返り、「あのくだり一番いらなかった」と西村に言わしめ、井上の笑いを誘った。

 幸い、サイン色紙を汚すことなくすんだこの実験。視聴者から〈全部がフリになってて笑った〉〈伏線回収きれいすぎ〉とのコメントが相次ぎ、「賛辞」はあっても、「惨事」にならずめでたしめでたし、といったところか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」