芸能

ノンスタ井上「実験動画」に〈全部がフリになってて笑った〉と爆笑&称賛の声

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が事務所の後輩であるラフレクラン・西村真二とスイカに輪ゴムを掛けると何本で割れるかといった、なんともバカバカしい実験にチャレンジ!爆笑をさらう「番組」を見つけた。

 井上のYouTubeチャンネル〈NON STYLE 井上365ノンスタイル井上〉の4月22日に投稿回〈【大爆笑】輪ゴム何本でスイカは割れるのか!?〉がそれだ。

 大きいスイカは約500本で破裂すると言われているというのだが、この番組では直径20cmほどの小さいスイカで検証するので、半分の250本くらいで破裂するのではないかと予測を立てた井上。しかし、実験以上に気にかかることもあるようで、「ただし、問題がございます」と慎重に口を開いた…。

 井上といえば漫画好きで、自宅の書棚が壁一面、まるで漫画喫茶並みに漫画本を並べていることで有名だが、この日も自宅の書棚の前で収録が行われた。特に、棚の最上段の各作家先生からもらったイラスト入りのサイン色紙にスイカが飛び散るような惨事だけは避けたいとのことで、破裂しそうになったら、立ち上がりバンザイのポーズで死守すると誓った井上だった。

 そして実験は井上、西村が交互に輪ゴムを掛けてスタート。

「自分のターンで爆発してほしくないわ~」「いっちゃんヤバいのは、(輪ゴムを)掛けに行った時に爆発は一番ヤバい!」と時折、井上がコメントを挟みつつ、順調に310本まで進んだ。すると井上は、

「小玉でも(破裂するのは)500なんちゃうん?大玉の方が輪ゴムが伸びるから、パワーで言うとそっちのほうが強いやん。力点、作用点みたいなもんで。小玉の方が内側に掛かる圧って大玉より少ないから。数学的に考えたら普通そうよね」

 と、何やら意味不明な持論を展開して実験再開。井上が輪ゴムを掛けに行ったその時、スイカが真ん中から割け、みごとに破裂!「うわあ!」と悲鳴を上げ立ち上がる井上に、怯えたように縮こまる西村。

 井上の“数学云々”のくだりを振り返り、「あのくだり一番いらなかった」と西村に言わしめ、井上の笑いを誘った。

 幸い、サイン色紙を汚すことなくすんだこの実験。視聴者から〈全部がフリになってて笑った〉〈伏線回収きれいすぎ〉とのコメントが相次ぎ、「賛辞」はあっても、「惨事」にならずめでたしめでたし、といったところか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?