芸能

市川海老蔵、「團十郎」襲名目前で周囲がヤキモキする“再婚”の行方

 歌舞伎役者の市川海老蔵が6月26日、自身のインスタグラムを更新した。

 海老蔵は「ママのタオル、、だいぶパパは少し心配してるよ、ぜんぶ千切れちゃったらどうするの、不安です。とても、」と綴り、亡くなった妻の麻央さんの形見であるタオルを持つ娘の姿を公開した。

 この“カシウエア”のタオルは、麻央さんが生前、娘にプレゼントしたもので、亡くなった後も宝物として肌身離さず持っているという。

 フォロワーからは「娘さん、本当に好きなんですね。ちぎれても大事にすると思いますよ」「ボロボロになってしまって擦り切れてしまいそうになる前に、何かの形で保存できるといいですよね」「ママへの思いが切ないほど伝わってきます 言葉にしなくても子供ながらの思い 大切にしないといけないですね」など共感の声が広がっている。

「麻央さんが亡くなって3年を迎えた6月22日には、自身のブログで『今日は麻央の祥月命日です。大人しく一日麻央を感じています』と綴るなど、変わらぬ麻央さんへの愛情を見せている海老蔵ですが、本人はその命日に“十三代目市川團十郎”を襲名できなかったことが心残りだったようですね。歌舞伎関係者によれば、年内の公演は難しいという見解で、海老蔵もかなりやきもきしているといいます」(スポーツ紙記者)

 もっとも、一部の関係者からはそんな海老蔵に対して「麻央さんのことはあまりSNSでしゃべらないでほしい」という声もあるという。

「海老蔵は襲名後、歌舞伎界を背負っていく立場になることから、しっかり支えてくれる人が必要な意味でも周囲が“再婚”を期待しているのは間違いありません。厳しい言い方になってしまいますが、いつまでも麻央さんのことを引きずっていられるのも具合が悪いということなのでしょう」(芸能記者)

 独身時代は“モテ男”として名を馳せた海老蔵。はたして、今後も変わらぬ“麻央さん愛”を貫き通していくのだろうか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!