芸能

“作家デビュー”嘉門洋子が綴った「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄される女優

 女優・嘉門洋子(33)が綴る小説連載が「週刊アサヒ芸能」9月10日発売号からスタートする。タイトルは「ブラッディ ドール 堕ちたアイドル」。副題も<「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄された現役女優が綴る芸能界私小説>と衝撃的。作家の新藤冬樹氏がプロデュースの力作だ。

 いつも艶かしい肢体にばかり注目が集まっていた嘉門だが、文章を書くことは以前からの習慣だったという。

「子供の頃から、空想の世界に浸り、その世界の中にいるのが好きでした。感情にしっくりとくる言葉を書き落とせると、心も頭もすっきりして心地いいんです。ですから、まさか夢にも思っていませんでしたが、“書く”お仕事をいただいたときは、即座に『ぜひお願いします』と答えていました」

 物語は、特殊な家庭環境で育った少女が救いを求めて芸能界に飛び込んでいくというもの。過去には、まさに副題のような「薬物」や「ヤクザ愛人」疑惑が報じられたこともあった嘉門だが、

「報道は事実と違うことが沢山あったので辛かったです。ずっと心を閉ざしていましたが、この挑戦は、苦しい経験を糧に、新しい扉を開くチャンスだと感じています」

 とすると、小説の内容は実体験に即していると考えていいのだろうか。

「ご想像にお任せします。日本酒片手に身の上話を聞いてあげているつもりでお付き合いください」

 嘉門洋子の「初告白」で、あの事件の“真実”にどこまで迫れるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
2
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
3
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
4
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
5
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?