芸能

“作家デビュー”嘉門洋子が綴った「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄される女優

 女優・嘉門洋子(33)が綴る小説連載が「週刊アサヒ芸能」9月10日発売号からスタートする。タイトルは「ブラッディ ドール 堕ちたアイドル」。副題も<「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄された現役女優が綴る芸能界私小説>と衝撃的。作家の新藤冬樹氏がプロデュースの力作だ。

 いつも艶かしい肢体にばかり注目が集まっていた嘉門だが、文章を書くことは以前からの習慣だったという。

「子供の頃から、空想の世界に浸り、その世界の中にいるのが好きでした。感情にしっくりとくる言葉を書き落とせると、心も頭もすっきりして心地いいんです。ですから、まさか夢にも思っていませんでしたが、“書く”お仕事をいただいたときは、即座に『ぜひお願いします』と答えていました」

 物語は、特殊な家庭環境で育った少女が救いを求めて芸能界に飛び込んでいくというもの。過去には、まさに副題のような「薬物」や「ヤクザ愛人」疑惑が報じられたこともあった嘉門だが、

「報道は事実と違うことが沢山あったので辛かったです。ずっと心を閉ざしていましたが、この挑戦は、苦しい経験を糧に、新しい扉を開くチャンスだと感じています」

 とすると、小説の内容は実体験に即していると考えていいのだろうか。

「ご想像にお任せします。日本酒片手に身の上話を聞いてあげているつもりでお付き合いください」

 嘉門洋子の「初告白」で、あの事件の“真実”にどこまで迫れるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」