芸能

森咲智美、山の渓谷で「胸の渓谷&美脚」野外魅せコントラストが“神艶モノ”

 YouTube界には、「サバイバル×アイドル」を略した「サバイドル」を自称する「かほなん」という人気ユーチューバーがいる。ソロキャンプや渓流釣りを披露する中、みずから山を買ってしまうといった本格派ぶりがコアなファンにはたまらないようで、7月21日現在チャンネル登録者は27.8万人に達している。

 そんな彼女に刺激を受けたのかどうか、Gカップのバストを誇るグラドル・森咲智美がみずからのYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉の、7月10日投稿〈【電撃報告】今後の活動について…。〉で無人島サバイバルにチャレンジすることを声高らかに宣言した。

 何でもテレビで無人島サバイバル系の番組を観るたびに、挑戦してみたいと思い続けていたようで、「どこ行っても生きていけるタイプなので」と、鼻息も荒く意気込み、その第1弾が、まずは無人島に行く前段階として、群馬県の山奥で撮影されたという7月16日投稿の〈びしょ濡れ、川釣り初体験…。〉だった。

 上半身白いパーカーを着込んだ森咲は、渓谷にて、みずからの深い胸のまさに“渓谷”を大胆に披露、下半身は水着から突き出たキレイなおみ足を見せるといったサービス精神も忘れてはいない。

 神聖なる山間に色香ムンムンの姿のアンバランスさは神回ともいえる艶っぽさだ。が、この回はそれだけで終わらない。森咲は初となる渓流釣りに挑戦。みごとニジマスをヒットさせる手腕も披露すると、さらにニジマス捌きにも挑戦し、生きた川魚に臆する事なく堂々と捌いて見せたのだった。

 無人島サバイバルと言えば「獲ったど~」のワードが有名なお笑いコンビのよゐこが浮かぶ。森咲のサバイバル動画が世に知れわたることになれば、彼らとの共演も考えられるだろう。グラビア界トップの地位に安住することなく、まさに芸能界での“生き残り”を懸けた森咲の挑戦が始まっているようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”