芸能

森咲智美、山の渓谷で「胸の渓谷&美脚」野外魅せコントラストが“神艶モノ”

 YouTube界には、「サバイバル×アイドル」を略した「サバイドル」を自称する「かほなん」という人気ユーチューバーがいる。ソロキャンプや渓流釣りを披露する中、みずから山を買ってしまうといった本格派ぶりがコアなファンにはたまらないようで、7月21日現在チャンネル登録者は27.8万人に達している。

 そんな彼女に刺激を受けたのかどうか、Gカップのバストを誇るグラドル・森咲智美がみずからのYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉の、7月10日投稿〈【電撃報告】今後の活動について…。〉で無人島サバイバルにチャレンジすることを声高らかに宣言した。

 何でもテレビで無人島サバイバル系の番組を観るたびに、挑戦してみたいと思い続けていたようで、「どこ行っても生きていけるタイプなので」と、鼻息も荒く意気込み、その第1弾が、まずは無人島に行く前段階として、群馬県の山奥で撮影されたという7月16日投稿の〈びしょ濡れ、川釣り初体験…。〉だった。

 上半身白いパーカーを着込んだ森咲は、渓谷にて、みずからの深い胸のまさに“渓谷”を大胆に披露、下半身は水着から突き出たキレイなおみ足を見せるといったサービス精神も忘れてはいない。

 神聖なる山間に色香ムンムンの姿のアンバランスさは神回ともいえる艶っぽさだ。が、この回はそれだけで終わらない。森咲は初となる渓流釣りに挑戦。みごとニジマスをヒットさせる手腕も披露すると、さらにニジマス捌きにも挑戦し、生きた川魚に臆する事なく堂々と捌いて見せたのだった。

 無人島サバイバルと言えば「獲ったど~」のワードが有名なお笑いコンビのよゐこが浮かぶ。森咲のサバイバル動画が世に知れわたることになれば、彼らとの共演も考えられるだろう。グラビア界トップの地位に安住することなく、まさに芸能界での“生き残り”を懸けた森咲の挑戦が始まっているようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話