芸能

森咲智美、山の渓谷で「胸の渓谷&美脚」野外魅せコントラストが“神艶モノ”

 YouTube界には、「サバイバル×アイドル」を略した「サバイドル」を自称する「かほなん」という人気ユーチューバーがいる。ソロキャンプや渓流釣りを披露する中、みずから山を買ってしまうといった本格派ぶりがコアなファンにはたまらないようで、7月21日現在チャンネル登録者は27.8万人に達している。

 そんな彼女に刺激を受けたのかどうか、Gカップのバストを誇るグラドル・森咲智美がみずからのYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉の、7月10日投稿〈【電撃報告】今後の活動について…。〉で無人島サバイバルにチャレンジすることを声高らかに宣言した。

 何でもテレビで無人島サバイバル系の番組を観るたびに、挑戦してみたいと思い続けていたようで、「どこ行っても生きていけるタイプなので」と、鼻息も荒く意気込み、その第1弾が、まずは無人島に行く前段階として、群馬県の山奥で撮影されたという7月16日投稿の〈びしょ濡れ、川釣り初体験…。〉だった。

 上半身白いパーカーを着込んだ森咲は、渓谷にて、みずからの深い胸のまさに“渓谷”を大胆に披露、下半身は水着から突き出たキレイなおみ足を見せるといったサービス精神も忘れてはいない。

 神聖なる山間に色香ムンムンの姿のアンバランスさは神回ともいえる艶っぽさだ。が、この回はそれだけで終わらない。森咲は初となる渓流釣りに挑戦。みごとニジマスをヒットさせる手腕も披露すると、さらにニジマス捌きにも挑戦し、生きた川魚に臆する事なく堂々と捌いて見せたのだった。

 無人島サバイバルと言えば「獲ったど~」のワードが有名なお笑いコンビのよゐこが浮かぶ。森咲のサバイバル動画が世に知れわたることになれば、彼らとの共演も考えられるだろう。グラビア界トップの地位に安住することなく、まさに芸能界での“生き残り”を懸けた森咲の挑戦が始まっているようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」