芸能

吉永小百合が炭坑で「懇願深突き」された!/美女「野外情交」シーン大全(1)

 しおらしく過ごしていた清純派女優が突然、演技に目覚めた。それは、オープンな場所での「まぐわい」を見せることから始まった。

 あの吉永小百合が初めて汚れ役に挑んだのは、五木寛之原作「青春の門」(75年、東宝)だった。福岡・筑豊のボタ山を舞台に、未亡人となりながら継子を懸命に育てる伊吹タエ役に扮している。

 吉永が「亡き夫を思って自分を慰める」のも初めてなら、炭坑事故で閉じ込められた場面では驚愕の展開が!

「恵んでください、後生ですから」

 気を失っている吉永に炭坑夫が手を合わせ、ズロースを下ろして貫通する。眠ったままの吉永だったが、いつしか坑内で、わずかに腰の動きが荒々しくなっていく…。実は吉永は、初脱ぎも辞さない覚悟でいた。ところが、胸元を見た監督が、やんわりストップをかけたというエピソードも残っている。

 NHK朝ドラ「いちばん星」(77年)のヒロインに決まった高瀬春奈は、体調不良により大役を降板。さらに映画「魔界転生」(81年、東映)の細川ガラシャ役も、同じように病気で逃してしまう。そんな高瀬が一念発起し、脱ぎのある作品で売れっ子となる。日活ロマン映画の一篇である「武蔵野心中」(83年)で、太宰治の情婦・山崎富榮に扮し、山の中で豊かな肢体を見せつけて男の下で悶えまくったのだ。そして伊丹十三監督第1作の「お葬式」(84年、ATG)では、山崎努の不貞相手役で、やはり山の中で生々しく後ろから受け入れる。たわわなバストとグラマラスな体には、野外こそうってつけということか。

 デビューこそ朝ドラの清廉な役だったものの、映画初出演の「ええじゃないか」(81年、松竹)で、早くも路上の小用を足すという演技を披露したのが田中裕子だ。そして松本清張原作の「天城越え」(83年、松竹)では、身を売って生きる女を鮮烈に演じた。物語の主人公である少年が天城峠を歩くと、草むらから物音が聞こえる。おそるおそるのぞき見すると、田中が土工に後ろから襲われていた。着物を着たままだが、土工の乱暴な愛撫に、左胸があらわになる。田中の荒い息遣いが、峠の草むらに残響となって響いていく…。

 今が旬の広瀬すずは、17歳にして米兵に暴行される苛酷な役に挑んだ。

〈台本、原作を読んで、自分の何かが変わるってわかんないけど、確信できたんだよね、不思議なことに。絶対やりたい!って。原作通りハードなシーンもあるんだけど、それでも絶対やりたいって〉

 撮影を終えた直後、広瀬はブログにて心境をこう明かした。16年公開の「怒り」(東宝)においてである。さらに広瀬はこうも語った。

〈オーディションを受けて自分でやりたいと言ったけど、多少後悔しました〉

 沖縄に住む女子高生が、夜の公園で2人の米兵に輪姦されて処女を失う。さすがに着衣のままではあるが、スカートの中に手を入れられて激しくまさぐられる。その表情は恐怖をみごとに訴えており、劇場が静まり返ったという。

 斉藤由貴は主演ドラマ「同窓会」(93年、日本テレビ系)で異彩を放った。冒頭から白衣姿の斉藤が股の間の毛じらみをかきむしり、放送中盤では夜の工事現場で行きずりの若者(山口達也)と、片足を上げた対面立ちポーズでスカートを揺らす。再放送もままならない過激さであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
5
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?