芸能

エース女子アナ大激震「格付けバトル」の行方(2)フジは宮司愛海シフトが進行中だが…

 一方、TBSに目を向ければ近年、増殖中の「東大卒美女」が「数字」を武器に、看板アナの座に駆け上がりそうな雲行きだ。TBS関係者が明かす。

「注目株は入社2年目で東大法学部出身の才女・篠原梨菜アナ(23)。すでに『史上最強の即戦力アナ』として脚光を浴びています。新人で入った直後から『うまく育てば視聴率を稼げる逸材』と期待されていましたが、それを早くも証明したのが、打ち切り間近とまで言われていた『あさチャン!』の視聴率回復の立て役者になったこと。今年1月に篠原アナが加入するや、突如として低迷から上昇基調に転じました。今では現エースの江藤愛アナ(34)の『正統後継者』とまで目されるようになりました」

 かつて「ピンチヒッター江藤」と呼ばれていた江藤アナも、次々こなしていた番組が高視聴率を叩き出し現在の地位を築いただけに、シビアな現場の様子がかいま見える。実際、すでに、各番組間で争奪戦が勃発していると言われているのだ。

「『東大王』では解答者としても駆り出され、テレビ・ラジオを合わせてすでに8番組も担当しているのに、秋の改編で『篠原を使いたい』とのオファーが殺到している。今後も限界ギリギリまで出演番組が増えそうです」(TBS関係者)

 この篠原アナを猛追するのが、「TBSのカトパン」とルックスばかりが注目されてきた良原安美アナ(24)だ。18年入社で3年目を迎え、いよいよ覚醒したともっぱらの評判。

 同期の田村真子アナ(24)や宇賀神メグアナ(24)が次々と出番を増やす中、目立った仕事を任されず、出遅れ気味だった良原アナにいったい何が起きたのだろうか。

「きっかけは今春から担当しているラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』。当初は露骨に緊張していたものの、爆笑問題との相性が抜群によく、アッという間にフィット。先輩の外山惠理アナ(44)、長峰由紀アナ(57)のモノマネをたびたび披露して笑いを取っています。太田光(55)からも『あいつは化ける』と太鼓判を押されているんですよ」(女子アナウオッチャー)

 フジテレビでは、ポストカトパンの看板アナ不在が長く続いたが、ここにきて「宮司体制」への移行が進められているという。フジのスタッフが語る、もはや下克上の混戦状態とは──。

「カトパン退社後は、『Live News α』『Mr.サンデー』に出演する三田友梨佳アナ(33)が事実上『フジテレビの顔』として奮闘してきましたが、このところ局内では着々と宮司愛海アナ(28)を三田アナの後継者にする『宮司シフト』が進行中。早ければ、来春にも実現します。現在、宮司アナは『S-PARK』で『スポーツ番組の顔』として活躍しているのですが、きわめて深刻な報道アナ不足に悩むフジの中で、報道路線への転換を求める声が高まっていました。さらに三田アナとしても、今年1月に結婚したこともあり、ハードな仕事を徐々にセーブしたい意向だと聞きます。年齢的にも妊活の焦りがあるのかもしれません」

 実際、フジテレビは「報道のエース」と呼ばれた椿原慶子アナ(34)が昨年の春に産休に入るというハプニングに襲われ、急遽、ミタパンが八面六臂の活躍をしてしのいだという経緯がある。

「そうした経緯から、スポーツ番組での『ポスト宮司』を決める必要も出てきたのですが、これが過去にない大混戦。鈴木唯アナ(26)、杉原千尋アナ(24)、藤本万梨乃アナ(24)ら若手有力候補が入り乱れ『前・スポーツの顔』である宮澤智アナ(30)のカムバック説まで飛び出しているんです」(フジスタッフ)

 視聴率低迷に悩むフジの起爆剤となるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?