エンタメ

藤井聡太「8冠」までの1000日計画(2)次々と更新する最年少記録

 この華やかで喜ばしい記録誕生で、近年まれな将棋ブームが勃発。コロナ禍で鬱屈する世情も相まって、これから藤井棋聖がどれだけ多くの新記録を塗り替えていくのかとお祭り騒ぎだ。「捕らぬ狸の皮算用」で憂き世を忘れてみたいのだろう。題して「藤井聡太8冠までの1000日計画」である。

 8冠とは、将棋界にある8つのタイトル。賞金額順に序列があり、

「竜王(豊島将之/30歳)」

「名人(豊島将之/30歳)」

「叡王(永瀬拓矢/27歳)」

「王位(木村一基/47歳)」

「王座(永瀬拓矢/27歳)」

「棋王(渡辺明/36歳)」

「王将(渡辺明/36歳)」

「棋聖(藤井聡太/18歳)」

 となる。賞金は竜王戦が4400万円。他は非公開。簡単に説明するならば、棋士が戦う棋戦は、挑戦者を決めるための予選(多くはトーナメント)を通過して、タイトル保持者と挑戦者が戦うタイトル戦(五番勝負か七番勝負、タイトルによって違う)で決着がつく。約160名のプロ棋士たちが、名誉と賞金を懸けて1局1局、指しているのである。

 そして、7月16日に藤井棋聖が誕生したわけだが、彼は現在、王位戦の挑戦者でもある。木村王位からタイトルを奪うべく、「年の差30歳」七番勝負の真っ最中なのだ(2連勝中で、次は8月4─5日に第3局)。

 ひとつひとつ挑戦しては奪い続け、はたして全冠制覇となるか。8つの中で最大の難関は、最も歴史が古い名人位である。挑戦者になる権利が参加棋士に毎年開かれている他棋戦とは違い、まずは上位10人の「A級棋士」にならなければ、挑戦のチャンスすらない。

 藤井棋聖は現在、B級2組に所属。25人のうち上位3人に入れば、来期21年は「鬼が棲む」と言われるB級1組に。そこでも勝ち抜いて、連続昇級すれば、最速で22年に19歳でA級になる。映画「ブルースリー死亡の塔」のように、強敵を倒してはひとつ上の階へ、また倒しては上の階へ、1年ごとに登っていかねばならないのだ。

 トップ10名の棋士が集うA級に昇格して、総当たりの最高成績をあげると、ようやく挑戦者になれる。そうしてパリ五輪の前年23年4月、いよいよ名人戦への登場となる。仮に4連勝でタイトルを獲得すれば6月頃には決着がつき、最年少記録20歳11カ月で「藤井聡太名人」が誕生することになる。その間にも順調に他のタイトルを獲得していることが前提で、棋聖獲得からおよそ1000日での8冠達成最速シナリオが完成する。ちなみに、現在、名人獲得の記録保持者は谷川九段で21歳2カ月(83年)である。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況