芸能

“来年1月で解散”石原プロ「爆発軍団」の8大事件史(3)「聖子も口説いてみろよ」と

 石原軍団の現在の中核といえば、社長の渡、舘、そして神田正輝(69)だ。どちらかというと、舘が渡に心酔しているのに対して、裕次郎派と言われているのが神田。それだけに、人生の一大転機にも裕次郎のひと言があった。

「映画『カリブ・愛のシンフォニー』(85年、東宝)で松田聖子(58)と共演した際のこと。裕次郎さんが神田さんに『そんなに女の子にモテるというなら、聖子ちゃんも口説いてみろよ』と半ば冷やかしであおった。それに本気になったのか、神田さんが共演中に聖子さんを口説き、結果的にふたりはカップル、そして結婚へと至ったのです」(石川氏)

 当時、聖子は熱愛を噂されていた郷ひろみ(64)と破局したばかり。記者会見で明かされた「生まれ変わったら一緒になろうね」という別れ言葉は流行語にもなったほどだ。その直後の神田との電撃婚だけに、世間はドギモを抜かれたのだった。

 神田への一件でもわかるように、よくも悪くも男の軍団であり、こと女性関係にはおおらかな面がある。82年、当時石原プロに在籍し、稼ぎ頭のひとりだった峰竜太(68)の浮気騒動などはその一例だ。

若い女性との浮気だったのですが、その釈明会見は妻の海老名美どりさん(67)同席で行われた。つまり、妻に頭が上がらない恐妻家というイメージで乗り切ったわけです。実際、その線で世間は納得し、今も峰さんは活躍を続けている」(石川氏)

 最後に、いかにも石原プロらしいエピソードを紹介しよう。さる業界関係者のとっておきの話だ。

「『西部警察』のロケ中のことです。ある地方のロケが終わり、裕次郎さんは帰京したのですが、残ったスタッフへのねぎらいとして、石原プロは現地のソープを何軒か借り切った。出演者、裏方全員分になります。そこでいざ、繰り出そうとした時のことです」

 出演者のひとり、三浦友和(68)が難色を示したというのだ。

「『僕は妻(百恵)がいるからそういうところには行かない』と。結局、本当に彼だけ行かなかった。それに対して渡さんは笑いながら『三浦もダメだよなぁ。妻がいるって、みんないるんだよ(笑)。頭洗ってもらって、酒飲んで帰ってくればいいじゃないか』と。三浦さんの堅物を誠意と認めたうえで、水を差さず遊んでくればいいのに、という話ですね」(業界関係者)

 まさに男の軍団ここにあり、だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮