芸能

“来年1月で解散”石原プロ「爆発軍団」の8大事件史(3)「聖子も口説いてみろよ」と

 石原軍団の現在の中核といえば、社長の渡、舘、そして神田正輝(69)だ。どちらかというと、舘が渡に心酔しているのに対して、裕次郎派と言われているのが神田。それだけに、人生の一大転機にも裕次郎のひと言があった。

「映画『カリブ・愛のシンフォニー』(85年、東宝)で松田聖子(58)と共演した際のこと。裕次郎さんが神田さんに『そんなに女の子にモテるというなら、聖子ちゃんも口説いてみろよ』と半ば冷やかしであおった。それに本気になったのか、神田さんが共演中に聖子さんを口説き、結果的にふたりはカップル、そして結婚へと至ったのです」(石川氏)

 当時、聖子は熱愛を噂されていた郷ひろみ(64)と破局したばかり。記者会見で明かされた「生まれ変わったら一緒になろうね」という別れ言葉は流行語にもなったほどだ。その直後の神田との電撃婚だけに、世間はドギモを抜かれたのだった。

 神田への一件でもわかるように、よくも悪くも男の軍団であり、こと女性関係にはおおらかな面がある。82年、当時石原プロに在籍し、稼ぎ頭のひとりだった峰竜太(68)の浮気騒動などはその一例だ。

若い女性との浮気だったのですが、その釈明会見は妻の海老名美どりさん(67)同席で行われた。つまり、妻に頭が上がらない恐妻家というイメージで乗り切ったわけです。実際、その線で世間は納得し、今も峰さんは活躍を続けている」(石川氏)

 最後に、いかにも石原プロらしいエピソードを紹介しよう。さる業界関係者のとっておきの話だ。

「『西部警察』のロケ中のことです。ある地方のロケが終わり、裕次郎さんは帰京したのですが、残ったスタッフへのねぎらいとして、石原プロは現地のソープを何軒か借り切った。出演者、裏方全員分になります。そこでいざ、繰り出そうとした時のことです」

 出演者のひとり、三浦友和(68)が難色を示したというのだ。

「『僕は妻(百恵)がいるからそういうところには行かない』と。結局、本当に彼だけ行かなかった。それに対して渡さんは笑いながら『三浦もダメだよなぁ。妻がいるって、みんないるんだよ(笑)。頭洗ってもらって、酒飲んで帰ってくればいいじゃないか』と。三浦さんの堅物を誠意と認めたうえで、水を差さず遊んでくればいいのに、という話ですね」(業界関係者)

 まさに男の軍団ここにあり、だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)