芸能

「私の家政夫ナギサさん」の“名言集”にキュン死者続出!

 女優・多部未華子主演のドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)が好調だ。

 7月21日に放送された第3話も世帯平均視聴率12.7%と高く、コロナ禍で放送開始が遅れた4月期のドラマの中で、今や台風の目になりつつある。

 仕事に一直線で家事と恋愛に不器用なアラサー独身女性が、おじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋)を雇ったことから巻き起こるハートフルラブコメディ。第3話では、主人公のメイ(多部)が家政夫を雇っていることを知った母・美登里(草刈民代)が、「今からでも遅くない。やればできる。家政夫雇っているなんて人には言えないでしょ」と“呪いの言葉”をかける。結果、仕事と家事をフルスロットルでこなすメイは過労のため倒れてしまう。うわごとで「おじさん」を呼ぶメイにショックを受ける母の美登里。テキパキと介抱するナギサさんを見た母は「あとをお願いしていいですか」と帰ろうとするも、「メイさんが必要なのは私ではありません」と言って、メイが何を母親に求めているのかを教えるのだった。

「このドラマは、アラサーOLのお仕事ドラマだと思って見ていましたが、実はもっと奥が深い。母と子のトラウマの解消など、家族関係を描いた令和の新しいホームドラマなのかもしれませんね」(芸能ライター)

そんな中、大森演じる家政夫ナギサさんの“名言集”もネットで話題を呼んでいる。

「中でも、ナギサさんの勤務する会社を訪ねて来て、家事が苦手なメイを嘆き、『今からでも遅くはない。苦手なことでもやれば必ずできる。甘やかしたくないんです』と言う母・美登里に『メイさんは何事も一生懸命な方。できるところだけでなく、できないところも見てあげてください』と諭すシーンには『めっちゃいい言葉。泣きそうになった』といったキュンキュンコメントも多数書き込まれています」(前出・芸能ライター)

 今後の展開にますます注目だ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声