スポーツ

前田健太「HR打たれ衝撃選手」公開が想起させる「あの人がメジャー進出なら…」

 現役メジャーリーガーとして今も活躍を続けるマエケンこと前田健太が、みずからのYouTubeチャンネル〈マエケン チャンネルKENTA MAEDA〉で、広島カープ時代に衝撃を受けたホームランベスト3について明かした。7月10日投稿の〈日本時代に打たれた衝撃を受けたホームラン ベスト3!!〉がそれだ。

 第3位は、本塁打王3回、打点王1回に輝いたタイロン・ウッズ(中日)=当時=だった。アウトコースのカーブをまるでピンポン球でも弾くように左手首を返しただけで軽く打ったと言うホームランは、前田が1軍デビューした2008年のこと。まさに衝撃だったようだ。

 第2位は、トニ・ブランコ(中日)=当時=。タイロン・ウッズが移籍した翌年の2009年に現れた外国人助っ人で、ウッズが居なくなってホッとしたのもつかの間、前田の投球をナゴヤドームの天井に当て、初認定のホームランを放っている。

 第1位は、ウラジミール・バレンティン(ヤクルト)=当時=。王貞治氏に続くセ・リーグでは史上2人目の3年連続本塁打王に輝いており、その3年目の2013年には前田はホームラン54号を打たれている。この年、バレンティンはホームラン60本で日本プロ野球のシーズン最多本塁打記録を樹立している。

 ちなみに、それまでの本塁打最多記録は王氏の55本だった。王氏の記録は破られることとなったが、本塁打王の連続記録で見れば王氏は13年連続とケタ違い。追随するのが8年連続の故・野村克也氏だ。日本プロ野球の人気を長らく支えた両御仁、ここに長嶋茂雄氏が加わり、もしもメジャーに行っていたら…と夢想し、想像力をたくましくしてしまうのは筆者だけだろうか…。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場