芸能

深田恭子「コロナ奇襲」で綾瀬はるかを撃破(3)進化した艶アクションに期待

 綾瀬や石原など、ライバルたちを「撃破」したことにより、今後、深キョンにかかる期待は、より大きいものになっている。

 芸能プロ関係者がこう耳打ちする。

「ホリプロは業界的に見ても『コロナ被害』の影響が最も大きい事務所で、そうした状況を打破する『救世主』として、深田により期待がかかっています。ホリプロはテレビなどへのタレント出演に加えて、自社制作する舞台が収益の柱。その舞台がコロナの影響で軒並み開催中止になり、被害が甚大らしい。8月末から客席の数を減らしたうえで再開するようですが、このご時世ですからね。感染が拡大して、いつまた中止になってもおかしくない」

 さらに追い打ちをかけたのが、社をあげた特大プロジェクトとして集英社と進めていた舞台の中止だ。

「『週刊少年ジャンプ』の人気漫画『アクタージュ』の舞台化に向けて、出演者の選考などに動いている最中でした。そのさなかで漫画の原作者がわいせつ容疑で逮捕、漫画も打ち切りになった。億を超える程度では済まない損失でしょう」

 コロナ禍以降、エンタメ業界の苦境が盛んに叫ばれているが、ホリプロならではの問題も発生しているという。

 スポーツ紙芸能デスクが内情を明かす。

「タレントは出来高や歩合ではなく、給料制なんです。つまり、今年4月以降、テレビ出演などの実入りが激減した時でも、大勢の社員やタレントに、これまでと同額の月給を支払わざるをえなかった。一定期間を支えるための内部留保はあると思いますが、コロナ禍の先行きが見えない現状では、頭の痛い時期がまだまだ続くというわけです」

 そうした苦境の事務所を牽引するジャンヌ・ダルクのような活躍が求められる中、昨夏に主演したヒットドラマ「ルパンの娘」(フジ系)の続編放送決定は、まさにその第一弾と呼ぶべき朗報だった。

 前作では、体のライン丸見えの艶めかしいボディスーツ姿や、ドSぶりがかいま見える代役なしのアクションシーンが話題を集めたが、

「写真集からの一連の流れを見ても、本人の露出に対するモチベーションが高いことは明白です。胸元がさらにパックリ開いた色っぽい衣装や、胸をブルンブルン揺らして大股をガバッと開くような進化したセクシーアクションを期待したいですね」(尾谷氏)

 プライベートでは不動産会社社長との交際が順調と伝えられており、ドラマの続編では、警察官役の瀬戸康史と事実婚をしている「人妻役」を演じる深キョン。今後もセクシーな大人の色気を大盤ぶるまいし続けてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!