エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(16)森田まさのり「“イタい漫画家”の典型なんです」

20130919s

「少年ジャンプ」に8年以上連載し、同誌が650万部という全国紙に匹敵する部数を誇った黄金期を支えた作品の一つ「ろくでなしBLUES」。作者の森田まさのり氏によれば、連載が長期に及ぶ中、さまざまな“実験”も試みたという。そんな中で強烈に意識した「ライバル」との一触即発エピソードとは──。

「400万部から500万部の頃がいちばん勢いを感じたね」

「ろくでなしBLUES」や「ROOKIES」などで知られる森田まさのりは、懐かしそうに当時を振り返る。

 学ランにリーゼントという不良たちのケンカの日々を描いた「ろくでなしBLUES」、通称「ろくブル」は、1988年に連載を開始。97年まで実に8年以上にわたって連載された人気作で、累計発行部数は5000万部にも及んでいる。週刊少年ジャンプが発行部数653万部(94年)という記録を打ち立てた黄金期を支えた作品の一つだ。

 いわゆる不良ものは当時の漫画界において人気ジャンルの一つだった。しかし、少年ジャンプにおいては、主流はバトルもの。初期には、本宮ひろ志の「男一匹ガキ大将」があったが、その後は本連載にも登場した宮下あきらの「私立極道高校」などわずかで、実は、番長ものや不良ものは、決して多くないのだ。

 いわゆるジャンプの王道でないこのジャンルを描こうと思った理由を聞くと森田は笑いながらこう言う。

「それしか描けなかったんですよ。高校を卒業してそのまま漫画家の道へ進んだから社会経験が全然ない。世間を知らずにここまで来てしまった“イタい漫画家”の典型なんです(笑)。だから描こうと思っても学校生活しか描けなかった」

 確かに、森田によれば、子供の頃から大の漫画好きで、将来の夢はもちろん漫画家だった。その後、漫画賞への投稿を始め、中学3年生の時には地元・滋賀県から東京の出版社まで原稿を抱えて直接持ち込み行脚に行っている。

「藤子不二雄A先生の『まんが道』(同氏の漫画家人生を描いた自伝的作品)に影響されてね。出版社何社かに原稿を持って行って見てもらって。ある出版社ではボロクソに言われたよ。軽くあしらわれて悔しくてね。その時、ギュッと握った担当者の名刺は今でも宝物として残してあるよ。あの気持ちを忘れないように、と」

 そんな中、ジャンプだけは森田少年の原稿を真摯に見てくれたという。

「その時、担当してくれたのは(のちに8代目編集長となる)茨木(政彦)さんでした。『ここは新しいね』とか言いながらちゃんと見てくれた。それがうれしくて、その後ジャンプに持ち込みをすることにしたんだ」

 この出会いが森田の運命を決めた。その後、高校生になって再び原稿を持ち込んだ際も偶然、茨木が担当となったのだが、たった1回会っただけの新人・森田を茨木は覚えており、また熱心に指導をしてくれる。

 結果、森田は高校2年時に描いた作品でデビューを飾り、漫画家としての第一歩を踏み出すことになる。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!