芸能

“若手ホープ”浜辺美波「脱・清純派」の本艶技(1)見どころは「魔性の色香」

 ドラマ「私たちはどうかしている」で、観月ありさ演じる姑のいじめに耐える和菓子職人役でブレイク中の浜辺美波。清純派の役柄をこなしつつ、過激なシーンもいとわない本格派女優としても注目を浴びてきた。「脱げる長澤まさみ」と将来を嘱望される若手ホープのほとばしる色香に迫る。

 スポーツ紙芸能担当記者も興奮気味に話す。

「最近じわじわとブレイクしているのが、清楚系美人女優・浜辺美波(20)ですね。現在放送中のドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)は、浜辺と横浜流星(23)のダブル主演で話題となり、初回から2人の美しすぎるキスシーンが評判になりました。一時、ツイッターでは『#私たちはどうかしている』が、トレンド1位に。ストーリーが進むごとに、浜辺のみごとないじめられっぷりの演技も注目されているのです」

 人気若手俳優の共演で、年配世代には評判が今一つと思いきや、さにあらず。観月ありさ演じる姑の執拗ないじめに耐え続ける浜辺のけなげな演技に、仕事に疲れて帰ってきたおじさん族もエールを送っているというのだ。

 このドラマは、15年前に起こった老舗和菓子店主人の殺害事件を巡り、容疑者の娘と加害者の息子となってしまった幼なじみで初恋の相手同士の2人が、過酷な運命に翻弄されながらも引かれ合うラブミステリー。

 浜辺は、母の無実を信じ、けなげに努力し続けて和菓子職人となった七桜を演じている。15年ぶりに老舗和菓子店「光月庵」の跡取り息子の椿(横浜)と再会して、求婚されるが、椿の母親で「光月庵」女将の今日子(観月ありさ)は、七桜が邪魔でしかたがない。「この疫病神!」「よそ者はいらない!」と毒づきながら花瓶の水をかけるシーンなどは、まるで往年の昼ドラを彷彿させるド迫力なのだ。芸能担当記者が解説する。

「観月が浜辺を『光月庵』から追い出そうと、あの手この手で執拗にいじめるのですが、その理不尽な嫌がらせに負けまいと奮闘する浜辺がいじらしく、応援する声が多いのです。観月の鬼義母っぷりや昼ドラを想起させるほどのドロドロな展開に、毎回放送後は、ネットが大盛り上がりですよ」

 主役2人の和服姿は色気たっぷりで、第2話ではラブシーンも。布団を並べて寝ている2人。幼なじみの「さくら」について話す椿を七桜が抱きしめてキスをし、そのまま身を任せようとする。

「幾多の障害があるにもかかわらず、2人の恋は運命。そのピュアな恋の吸引力を描くために、毎回のようにキスシーンやラブシーンが出てきます。20歳になったばかりの浜辺の魔性のエロスを感じられるのも、このドラマの見どころのひとつ。『地上波でこんなにエロいシーンを流していいの?』など話題になっていますよ」(テレビ誌ライター)

 しかも浜辺は、8月29日に20歳を迎えたばかり。同じ事務所の先輩を引き合いに、「ポスト長澤まさみ」として清純派の王道を歩むかに見えたが、実に大胆な艶技にも挑戦するなど、業界関係者の間では「脱げる長澤まさみ」として、今最も注目を浴びているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由