芸能

「ルパンの娘」続編決定の決め手は深田恭子の“艶ボディ”ではなかった?

 19年7月期に放送されたドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編が、この10月期に放送される。すでに映画化も決まっているとの噂もあるが、そもそもこのドラマ、続編が制作されるほど人気の高い作品だったのか。

「平均視聴率は7.1%で、第6話では最低の5.4%に落ち込むなど人気作とは言い難い数字に終わっていました。ただ、全11話中の9話でタイムシフト視聴率がリアルタイム視聴率を上回ったほか、配信での見逃し視聴はフジテレビドラマの新記録を作るなど、追っかけで観たという視聴者は結構いたようです」(テレビ誌ライター)

 そんな同ドラマでは、主演の深田恭子が見せる艶ボディに見惚れる男性視聴者も少なくなかった。確かにカラダのラインが丸わかりになるボディスーツに、普通の衣装でも突き出す胸の迫力が目立ち、眼福シーンの連続だった。が、フジテレビが続編を制作した決め手は、決して男性受けの良さではなかったというのだ。

「木曜22時という深めの時間帯ながら『ルパンの娘』は小学生など子供たちに人気が高く、ファミリー層の受けが良かったのです。深田を擁する怪盗一家を巡るドタバタコメディぶりが子供にもわかりやすく、人と話せないオタク役の栗原類や、妙にハイテンションな母親役の小沢真珠、そして彼氏で警察官の瀬戸康史は深田のチョップであっさり白眼を剥いて失神するし、子供向けアニメの実写化と見まごうほどです。タイムシフト視聴率が高かったのも、翌日以降に子供たちと一緒に観るファミリー視聴者が多かった証でしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな「子供ウケ要素」に加え、制作局のフジテレビにとっても同作には都合の良いポイントがあるという。

「出演者の顔ぶれとストーリーを見る限り、制作費がかなり抑えられているはず。父親役の渡部篤郎や警察官役の加藤諒といったキャスト陣は、インパクトはありつつもギャラは総じて控えめな人選に思えます。そしてロケ場所には結婚式場や公園など既存の施設を上手く使っており、瀬戸の実家は貸しスタジオを利用しているようで、とにかくコストを抑えているはず。こういったコスト削減では絵が安っぽくなりがちですが、本作では唐突なミュージカルシーンなど、奇抜な演出を織り込むことで、違和感を減らしていました」(前出・テレビ誌ライター)

 子供受けがよく、制作費も安い。コロナ禍の影響に苦しむテレビ局にとって「ルパンの娘」は、大いに参考にされるべきドラマなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス