芸能

日テレ「高校生クイズ」の秋開催“強行”の裏に乃木坂46への「配慮」!?

 日本テレビが今年で40回目を迎える「高校生クイズ」を11月に開催すると発表したのは去る8月11日。スマホを利用する予選では昨年の“3人で1台”から今年は各自のスマホを使用する形式に変えるほか、全国大会の1回戦はオンライン形式に衣替えし、3密を回避した安全な運営を予定するとしている。

「この報せに全国の高校生が喜んでいるかと思えばさにあらず。『高校生クイズ』が純粋にクイズ力を争う形式になっていないことから、各高校のクイズ研究会では必ずしも同番組を最大の目標とはしておらず、新型コロナ禍が収まらない状況での開催決定に鼻白んでいる高校生も少なくないようです。『24時間テレビ』に続いての開催強行に、毎年恒例だから今年も放送するという思考停止な感じを憂う声も少なくありません」(テレビ誌ライター)

 そんな「高校生クイズ」開催強行を巡り、一部のクイズ好きからは5年連続でサポーター就任が決まった乃木坂46への配慮を疑う声も飛んでいるというのだ。

「昨年の『高校生クイズ2019』で行われた『漢字で導け! 乃木坂BINGO』というコーナーが不評だったのです。このコーナーはお題となる芸能人を各参加校が漢字三文字で表し、その漢字をヒントに乃木坂のメンバーが芸能人の名前を当てるという形式。主役の高校生ではなく乃木坂メンバーの知力や洞察力に依存する面が強い形式のため《もはやクイズですらない》《あまりに不公平》との意見が相次いだんです。これでもし、今年、高校生クイズが中止になると、乃木坂46を巡る不評なコーナーがあったという印象が続いたままになってしまいます。そこで乃木坂46を巡るマイナスなイメージを払拭する機会を作る意味でも、あえて開催を強行したという理屈です」(前出・テレビ誌ライター)

 さすがに強引すぎる理屈のようだが、それほど前回のコーナーが不評だったということかもしれない。はたして今年は、乃木坂46の「サポーターぶり」は高校生たちを満足させることができるのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身