スポーツ

清原和博は巨人移籍後の肉体改造で数字が落ちた!?西武OBが激白した“深意”

 主に西武ライオンズで活躍し、チームリーダーも任された実績のある元プロ野球選手の石毛宏典氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉で後輩、清原和博氏について振り返った。8月16日投稿〈ついに清原和博について口を開きます!高校球界ナンバー1のバッターの西武入団が決まった時の印象は?【Part1】〉がそれである。

 まずは、清原氏のライオンズ入団は「高校球界ナンバーワンのスラッガーが来ることを楽しみにしていた」と語る石毛氏。軽く振っても飛ばすことから、「遠くに飛ばすことにかけては非凡なものがあった」と目を細める。

 また、キャッチボールで相手の胸元にボールをしっかり返せるといった細かい点も評価した。

 しかし、と石毛氏が表情を曇らせたのは、清原氏が巨人に移籍して、ウエイトトレーニングで肉体改造に取り組み始めたくだりだった。

「そんなに体を大きくして大丈夫か?」と訊ねた石毛氏に、「150メートルのホームランを子供たちに見せてあげたい」と清原氏は答えたのだとか。どうやら子供たちに夢を与えたいとの清原氏の切なる思いからだったようだが、石毛氏によれば、ウエイトトレーニングはあくまで、リハビリの一環でやるものだという。だから、締まった体のままであればもっと違った数字を残していたのではないか、肉体改造したために、バットのスイングが大きくなりバットの芯に当たらなくなるなどして数字が落ちていったのではないかと石毛氏は悔しそうに分析したのだった。

 ライオンズに入団した1986年、清原氏は打率304、本塁打31本の活躍を見せたが、実は石毛氏も敗けてはいない。この年の169安打、本塁打27本、打点89、打率329はいずれも通算16年のプロ野球生活の中で石毛氏にとって最高の数字となったのだ。高校球界ナンバーワンのスラッガーが、ベテラン石毛氏を奮い立たせた結果だといえそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身