芸能

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”

 太川陽介が「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」で2連敗の後、3連勝を達成。勝ち星を先行させた。この快挙にバス旅ファンから驚きの声が上がっている。

 9月23日放送の「水バラ」(テレビ東京系)は「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第5弾。北海道函館をスタートし、洞爺湖を経由、ゴールの小樽を目指した。放送前は太川たちバスチームが圧倒的に有利と言われていた。

「徒歩を強いられることが多い県境越えがないこと。北海道は町と町を結ぶ高速バスのようなローカル路線バスがあること。対して鉄道チームは函館本線しかなく、手のうちようがないことがバスチーム有利と見られた理由です。圧勝になるのではないかという見方もありましたが、それは番組サイドが許しませんでした。絶妙なチェックポイントを設定し、バスチームを不利にしたんです」(週刊誌記者)

 チェックポイントは4カ所。函館朝市、函館大沼プリンスホテル、洞爺湖にある牧場、そして余市にあるうに店。バスチームにとって問題となったのは洞爺湖の牧場だ。

 長万部から洞爺湖へとつながるバスがなく、寿都から岩内、倶知安、洞爺湖と大きく迂回するルートを選ぶしかなかった。

「バスチームには大きなロスになりました。ところが鉄道チームにとっては駅から遠いというだけ。しかも、チェック後に洞爺駅に戻らずニセコ駅に向かうというショートカットルートまで用意されている。実際、この時に鉄道チームが大幅に先行。バスチームは窮地に立たされました」(前出・週刊誌記者)

 ところがその後、余市にあるうに店を訪れた時には逆転。そのままゴールしている。鉄道チームに先行すること20分以上という完全勝利だった。

 いったいバスチームに何が起きたのか。雨の影響で電車が遅れ、ニセコ駅で30分以上も足止めを食らったのだ。あれがなければ鉄道チームの勝ちだったことは間違いない。

「つまり今回は鉄道チームが勝つはずの回だったということです。それが天候によって勝利を奪われた。鉄道チームリーダーの村井美樹は理不尽な敗北であることを知りながら、文句を言わず悔し涙を流しています。あの姿は忘れられません」(前出・週刊誌記者)

 思わぬ事故も番組の魅力のひとつ。次の対決旅でも奇跡の逆転劇が起きるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン