芸能

各局女子アナ 白熱する「新人王争い」を実況中継(3)テレ朝・渡辺瑠海は弘中アナの後継者として期待

 キー局最多となる3人の新人女子アナを採用したテレビ朝日。例年、新人アナのお披露目は他局よりも早い。だが、今年はなんと「入社前デビュー」となった。最速でテレビに登場したのが、テレビ朝日の安藤萌々(もも)アナ。4月1日から「グッド!モーニング」に出演中なのだ。

「その期待の高さのせいか、スキャンダル対策も尋常ではありません。かつて『将来のエース』と期待されながら、不倫問題で失脚した田中萌アナ(29)の悪影響を受けないように『純真な安藤を田中に近寄らせるな』との声が局内から出ているんです。もっとも、本人たちはしょっちゅうコソコソ話をしているそうですが‥‥」(構成作家)

 将来のエース候補のスキを突いて、赤丸急上昇中なのが同じくテレ朝の渡辺瑠海(るみ)アナ(23)だ。同局関係者によれば、

「表情としぐさが『入社当時の弘中綾香アナ(29)に似ている』と話題になったんですが、弘中アナも『昔の私に似ている』と口にし始めて、新人の中でもひときわかわいがっている様子です。これまで弘中アナが独占していた『スーパーロリ顔』枠の正統な後継者に成長してほしい。弘中アナには根強く『フリー転身説』が流れているので、仮にそうなっても『渡辺アナが入社したことで、社内の“弘中ロス”が薄らぐ』と言われるぐらい期待されています」

 度胸にエロス、そしてロリ顔まで百花繚乱の民放に対して、NHKからも新人王を狙う逸材が送り込まれている。同局関係者がこう力説する。

「今年入局した岩崎果歩アナ(23)は、人呼んで『NHKの至宝』。子役から大学1年生まで芸能活動をしていて、グラビアで水着を披露したほどの美貌を誇っているからです。現在は富山放送局に配属されていますが、『同期8人の中で、最速で東京アナウンス室に異動になる』と評判です。また福岡放送局の庭木櫻子アナ(28)も来年度の東京転勤が確実視されている逸材です。すでに全国区の番組に出演していますが、過去に『宝くじ幸運の女神』を務めていたこともあり、ある役員からは『運気を上げるアナ』と呼ばれています」

 シーズン終了後、新人王の栄冠はどの美女の頭上に──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった