スポーツ

畑山隆則が明かした六本木、銀座「豪遊飲み」を改心「深くてイイ話」!

 WBA世界スーパーフェザー級とWBA世界ライト級の元2階級制覇王者であり、現在はタレントとして活躍している畑山隆則といえば、爽やかなルックスから現役時代には女性ファンも多く、いわゆるイケイケの時代があったようだ。そんな畑山が若かりし日のイケイケぶりを振り返るとともに、改心した意外なエピソートが明かされる「番組」を見つけた。

 プロボクシングの元世界チャンピオン3人によるYouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル〉の、8月2日投稿回〈Vol61【ほろ酔いぶっちゃけトーク】無冠の帝王は?/現役時代の一番高価な買い物!は?〉がそれだ。

 渡嘉敷の、銀座のホステスたちを六本木に連れ出し、1人に10万円ずつ渡したなどホントのようなウソのような仰天エピソードに続き、畑山は「現役時代に最高に使った額は1日150万だった」と、3人で呑みに行った銀座で使ったと明かした。しかし畑山はそれを自慢話とはせず「バカですねぇ~本当に」と苦笑を見せ、結構調子に乗っていたという過去についてこう語り出した。

「しょっちゅう銀座とか六本木とか行ってたんですよ。朝の4時とか5時まで呑むわけですよ。金と時間はあるから。毎日、銀座、六本木で30万だ50万だ100万だ150万だ使ってるじゃないですか…。朝さあ、新聞配達してる人が目の前を通るんですよ。私は新聞配達ですよ、東京から始まったのは」

 タイトルに「ほろ酔い」とあるように3人は、酒を飲みながらのトークだけに少々わかりにくいが、畑山はボクサーを目指し上京して、最初に新聞配達することから始まったということを言っているのだろう。ともあれ、朝方に、恐らくは街中で、畑山は自転車で通りかかった若い配達員を見た時に、「何をやってるんだ、こんなことしてちゃいけない」と昔の自分を見たようで、目が覚めたと畑山は振り返ったのだった。

 一見、チャラく見られがちな畑山だが、根はマジメだということを物語る深い、イイ話が聞けた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ