芸能

のん&橋本愛、7年ぶり共演に「あまちゃん」ファンの「感涙」ポイント!

 女優ののんと橋本愛が7年ぶりに共演を果たすことが10月20日に明らかになった。

 ふたりが共演するのは映画「私をくいとめて」(12月18日公開、大九明子監督)。原作は芥川賞作家・綿矢りさ氏の同名作品で、主役・みつ子はのんが務め、共演はのんの親友・皐月役を務める橋本のほか、林遣都、臼田あさ美ら。

「のん(能年玲奈・当時)さんと橋本さんは13年上半期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で共演し、大きな話題になりました。のんさん演じるヒロイン・天野アキと橋本さん演じる足立ユイは北三陸のご当地アイドル『潮騒のメモリーズ』を結成しともに活動する役柄でしたが、ドラマの枠を飛び越えて脚光を浴びたのは、まだ記憶に新しいところです」(テレビ誌ライター)

 そんなふたりの共演に、ネットでは「アキ・ユイのコンビ再結成!めでたい!」「これは絶対に見なければ」「潮騒のメモリーズのふたりが親友役で共演するなんて感涙!」「最高のキャスティングですね!」といった声が上がっている。

 久しぶりの共演について、のんは、「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! そのときの私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!」とコメントしている。

 一方の橋本も「あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、ざんげの気持ちを常に持っていました(笑)。でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです。」と、撮影を振り返ったという。

 7年という時を経て、ふたりがどんな関係性を演じてくれるのか。公開を楽しみに待ちたい。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道