芸能

千鳥・大悟もヤラれた!小沢真珠“クセ強すぎキャラ”で「芸人キラー」確定?

 放送中の「ルパンの娘」(フジテレビ系)シーズン2で、深田恭子演じるヒロインの三雲華の母・悦子を好演している小沢真珠。

 10月15日放送の第1話でも、前シーズンと同様に小沢を人気女優へと押し上げた2004年1月期放送の昼ドラ「牡丹と薔薇」(フジテレビ系)へのオマージュといえるセリフや、華(深田)の父・尊(渡部篤郎)とのくどいほど肉欲を感じさせるイチャつきシーンなど、視聴者の期待を裏切らない“お笑い”を提供した。

 しかしネット上では、ドラマより同日放送の「千鳥のクセがスゴいネタGP」(フジテレビ系)で見せた、女優らしさを捨てた笑いの獲り方のほうが印象に残った人が多かったようだ。

 小沢は「ルパンの娘」の番宣として華の祖母・マツを演じるどんぐりとともにお笑いコンビ・チョコレートプラネットとコラボしたネタを披露。

 以前にチョコプラが披露した「ちょっと息をするだけですごい音が鳴る」という、マスクに笛が付いた装置“スーパーマウスホーン”を小沢とどんぐりが装着し、チョコプラが審判員となって「全日本女子スーパーマウスホーン選手権決勝」を開催。小沢は“筆くすぐり”され、これまでにチョコプラさえ出したことのない奇妙な「ブシュウウウ~!」という音を出したことで、番組MCのお笑いコンビ・千鳥の大悟から「真珠のブシュウウウ~!いちばん下品な音」とツッコミを入れられるほどの笑いを獲得したのだ。

「芸人よりも面白い“芸人キラー女優”といえば『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で牛の尿を飲み、顔から泥水にダイブするなど、芸人並みのカラダの張り方をしてきた木村佳乃を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、感動や驚きはなくても、何度でも見たくなるクセのある笑いが獲れる芸人キラー女優といえば、小沢の右に出る者はいないのではないでしょうか」(女性誌記者)

 小沢はクセの強さで、芸能界で唯一無二のポジションを築いたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ