芸能

千鳥・大悟もヤラれた!小沢真珠“クセ強すぎキャラ”で「芸人キラー」確定?

 放送中の「ルパンの娘」(フジテレビ系)シーズン2で、深田恭子演じるヒロインの三雲華の母・悦子を好演している小沢真珠。

 10月15日放送の第1話でも、前シーズンと同様に小沢を人気女優へと押し上げた2004年1月期放送の昼ドラ「牡丹と薔薇」(フジテレビ系)へのオマージュといえるセリフや、華(深田)の父・尊(渡部篤郎)とのくどいほど肉欲を感じさせるイチャつきシーンなど、視聴者の期待を裏切らない“お笑い”を提供した。

 しかしネット上では、ドラマより同日放送の「千鳥のクセがスゴいネタGP」(フジテレビ系)で見せた、女優らしさを捨てた笑いの獲り方のほうが印象に残った人が多かったようだ。

 小沢は「ルパンの娘」の番宣として華の祖母・マツを演じるどんぐりとともにお笑いコンビ・チョコレートプラネットとコラボしたネタを披露。

 以前にチョコプラが披露した「ちょっと息をするだけですごい音が鳴る」という、マスクに笛が付いた装置“スーパーマウスホーン”を小沢とどんぐりが装着し、チョコプラが審判員となって「全日本女子スーパーマウスホーン選手権決勝」を開催。小沢は“筆くすぐり”され、これまでにチョコプラさえ出したことのない奇妙な「ブシュウウウ~!」という音を出したことで、番組MCのお笑いコンビ・千鳥の大悟から「真珠のブシュウウウ~!いちばん下品な音」とツッコミを入れられるほどの笑いを獲得したのだ。

「芸人よりも面白い“芸人キラー女優”といえば『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で牛の尿を飲み、顔から泥水にダイブするなど、芸人並みのカラダの張り方をしてきた木村佳乃を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、感動や驚きはなくても、何度でも見たくなるクセのある笑いが獲れる芸人キラー女優といえば、小沢の右に出る者はいないのではないでしょうか」(女性誌記者)

 小沢はクセの強さで、芸能界で唯一無二のポジションを築いたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは