社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<下肢静脈瘤>「脚の血管が浮き出たらしびれや血栓が…」

 最近、脚の重さやだるさを感じたら、太腿やふくらはぎを見てほしい。もし、脚の皮下静脈の血管が太く目立ったり、クモの巣のように血管が透けて見えていたら「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」かもしれない。

 これは脚の血管が膨れてコブ状になる病気だ。

 静脈は本来、血液を心臓に戻す役割を果たすが、脚の静脈は血液を下から上へ、重力に反する形で戻す力が必要となる。この時、ふくらはぎの筋肉が収縮し、ポンプの役割を果たして静脈内の血液が心臓に送られる。しかし、脚にコブ状のものができると、血液の逆流を防ぐために備わっている逆流防止弁がうまく機能しない。そのため、血液循環が悪くなり、脚に老廃物がたまり、皮膚の表面にボコボコと血管が浮き上がってしまうのだ。

 静脈が太く浮き上がっているだけなら、見た目上の問題だけで特に問題はない。だが、静脈瘤のある場所は血流が悪くなっているために、進行すると皮膚の炎症を起こし、かゆみや痛みを伴う場合もある。

 重度の静脈瘤がある場合は要注意だ。下半身全体が血行不良の状態にあるケースも多く、しびれや血栓などのトラブルにつながる危険もある。

 治療は、医療用弾性ストッキングや弾性包帯で脚に強い圧をかける「圧迫治療」が主流。悪化すると手術の場合もある。

 この病気は脚の静脈に負担がかかる状態が続くと発症しやすい。特に長時間のデスクワーク、脚の筋肉をふだんあまり使わない運動不足の人、むくみやすい人に多く見られる。

 予防法は、長時間同じ姿勢をとらないこと。脚の血流をよくすることもポイントだ。ふくらはぎのマッサージやジョギングなどの軽い運動、こまめな水分補給や冷たい飲物を取りすぎないことを心がけよう。

 脚に太い血管が浮き出ていたら、皮膚科を受診してみたほうがいい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!