芸能

松本人志が語ったお笑い芸人を悩ます「意外なコロナ禍」とは!?

 ダウンタウンの松本人志が、11月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、新型コロナがお笑い界にも深刻な影響を与えているとコメントし、注目を集めている。

 タクシー運転手がマスクを着用していない人を乗車拒否できるという話題に触れた際、松本は「本当にコロナ早く終わってほしい」として、番組収録でも距離を取り、アクリル板があるおかげで「ボソッとボケる」ことができないとコメント。これを野球にたとえて「スローボールが使えないみたいな話で、球種が減っているだけでなくプログラムが組みにくい」と解説したのだ。

 さらに話は、相方の浜田雅功にも及び、ソーシャルディスタンスのため「浜田はもう、ほとんど突っ込んでこない」と、コロナ禍におけるお笑いの難しさ、いわば芸人にとっての“コロナ禍”とでもいうべき悩みをにじませていた。

「近年、松本は引退について番組で触れることも多く、昨年『ワイドナショー』でも上岡龍太郎が58歳、島田紳助が55歳で芸能界を引退していることに触れ、『自分もその流れをくんでいるのかな』『そこまで長くないんじゃないかと思いますよ』などと発言。一昨年にも『ワイドナショー』で、タッキー引退の話題を受けて『この手があったか』『吉本のタッキーになりたい』とコメント。『オレはNSCの校長になりたい。マジメに』と話すひと幕もありました」(芸能ライター)

 一方で、松本のテレビへのモチベーションは上がっているとする声もある。

「松本は9月に特番『審査員長・松本人志』(TBS系)、10月にも特番『まっちゃんねる』(フジテレビ系)で新たな笑いを模索中。また、昨年3月の話ではありますが、当時の『ワイドナショー』では、『最近は視聴率重視じゃなくなってきた。やりたいこと、おもしろいことだけを追求できる番組が前よりもできやすくなった』として『もうちょっとやってみようかな』ともコメントしていました」(週刊誌記者)

 もっとも、モチベーションが下がったようなトークも、40歳で芸能界を引退するとかつて週刊誌の連載コラムで明かしていたことから考えると「ボヤキ芸」のうち、かも。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す