芸能

「あまちゃんロス」にはさせねえ!(5)出る出ると言いながら出演できなかった人々

 今年、いや向こう10年は出ない大ヒットドラマとなった「あまちゃん」だけに、出演者には多くの幸運がもたらされている。芸能デスクが語る。

「棚からボタモチとばかりに、『あまちゃん』特需で大金が転がり込んだのは、アキのマネジャー役の松田龍平(30)、父役の尾美としのり(47)、琥珀の勉さん役の塩見三省(65)です。ドラマのヒットを見た広告代理店が、あまちゃんの役どころと同じキャスティングでCMに起用しています。他にも、種市先輩役の福士蒼汰(20)は夏ドラマに続き、10月からも『月9』の出演が決まり、フジテレビに出ずっぱりな状態です。ついでに、副駅長役の荒川良々(39)まで同じ『月9』に起用されました」

 その反対に、完全無風で波に乗りそこねたのが、クドカン作品の常連で、同じ劇団「大人計画」に所属する阿部サダヲ(43)だ。

「松尾スズキ(50)、皆川猿時(42)、荒川、伊勢志麻(44)など『大人計画』総出演だっただけに、周りから『いつ出るの』と聞かれていたことを番組で告白し、『最後まで出番があるのではないかと考えてしまう自分が悲しかった』ともこぼしていた」(前出・デスク)

 また、出演こそしたものの、誰も気づかなかったのが、中村雅俊(62)だった。

「事務所に『あまちゃん』のドラマスタッフから連絡が入り、『出演依頼なのか?』と色めきたった。ところが、実際には頼まれたのはジャージにサインするだけだった」(前出・デスク)

 劇中では、皆川のジャージに被災地を訪れた有名人として中村のサインが記されていたのだった。

 同じく微妙な形で出演を果たしたのはザ・ブルーハーツだろう。

「のちにGMT入りした小野寺ちゃんが宮城の地元アイドル牛タンガールズとして歌っていた『ズンダズンダ~、ズンダズンダズンダ~』の元歌が『リンダリンダ』であるのは誰の耳にも明らかだった。それでも、完全なパロディということで、ブルーハーツは著作権収入を得られなかったそうです」(音楽関係者)

 最後まで期待していたが出演しなかったのがAKB48の大島優子(24)だ。週刊文春3月28日号で「AKB大島優子被災地が舞台NHK朝ドラ『あまちゃん』出演決定!」と報じたことで胸を高鳴らせていたファンはがっくりだ。

「大島は女優として一本立ちしたいと願っていただけに、信憑性が高いと噂されました。ところが、蓋を開けてみれば実際に被災地の慰問に訪れたのは鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子(49)でした」(前出・デスク)

 一瞬でも大島が出演していれば話題騒然となり、総選挙は1位に返り咲きもあったかも‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス