社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<誤嚥性肺炎>「喉の筋力低下は40代から始まっている」

 新型コロナウイルス感染症でクローズアップされている「肺炎」。ガン、心疾患に続く日本人の死亡原因の第3位となっているほどだ。

 中でも近年、注目を浴びているのが、「誤嚥性肺炎」。高齢患者の肺炎の種類を調べたデータでは、80代の約8割、90歳以上の9.5割が「誤嚥性肺炎」だったという報告もある。

 本来は口から喉、食道を通って胃に送られるはずの食べ物や飲み物、唾液などが誤って気管や肺に入ることで、そこに含まれていた病原体が誤嚥性肺炎を引き起こす。

 誤嚥は加齢によって喉の筋力が低下するために起きる。気管の入り口は、基本的に飲食物を飲み込む時は閉じられているが、加齢で喉の機能が衰えてくると、隙間ができ、飲食物や唾液が気管に落ちやすくなってしまう。

 しかも、誤嚥性肺炎の発症者が増えるのは60代以降に多いが、実は誤嚥は40代からすでに始まっているのだ。その兆候は、何か食べたり飲んだりしている時に、むせたり咳き込んだりするかで見極めてほしい。

 喉の老化は簡単なチェックテストで調べることができる。水を1口飲んで口の中を湿らせる。そして、指を喉仏に当てて、30秒間で何回唾液を飲み込めるか確認。一般的な目安は、30代で9回、40代で8回、50代で7回、60代で6回、70代で5回、80代以上で4回以下である。

 喉の年齢が衰えている人にお勧めしたいのが、新聞や本を声に出して読むことだ。

 誤嚥を防ぐためには、唾液量を増やすことが必要で、よくかんで食べる、飴なども有効である。特にこれからの季節は乾燥しやすいため、加湿器なども上手に利用したい。

 ちなみに「誤嚥性肺炎」は咳や痰が主な症状なので、風邪と区別がつきにくい。そのため、咳が2週間続いていたら、医療機関の受診が必要となる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
3
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」