芸能

女子アナ「仁義なき契約更改」(2)テレ朝・大下容子の手腕にプラス査定

 18年、19年と2年連続で年間視聴率トップ(平日朝6時10分~8時の時間帯)のタイトルを手にしている「めざましテレビ」(フジテレビ系)では、メインキャスター5年目となる核弾頭・永島優美アナ(29)に複数年の大型契約が打診されている。

「かねてから結んでいた複数年契約も、残すところわずかというところ。報道はもちろん、番組SNSで得意のダンスを披露するなどバラエティー番組もこなせる二刀流MCには、フリー転身への接触が水面下で行われているといいます。年収1000万円から500%アップの6000万円かつ5年契約ほどの好条件で、局も流出阻止に動かなければ」(丸山GM)

 役員待遇のエグゼクティブアナウンサーとして、すでに局アナたちのマネージメントを任されている、テレビ朝日の大下容子アナ(50)の評価はちょっと難問のようだ。プレイングマネージャーの査定は前例が少ないだけに、フロントも頭を悩ませている様子。丸山GMは「プレイヤーとしては」と前置きしたうえで続ける。

「自身がMCの『大下容子ワイド!スクランブル』は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『ひるおび』(TBS系)などがひしめき合う激戦区で健闘しています。一方で、その他の番組での露出がめっきり減ってしまいました。アナウンサーはテレビに出てナンボの職業。悩ましいですが、2000万円の現状維持が限界でしょう」

 ところが、折山コミッショナーが兼任監督としての査定部分に疑義を唱える。

「エース・弘中綾香アナ(29)や爆乳スラッガー・三谷紬アナ(26)をYouTubeのトレーニング動画に出演させた采配で新規の男性視聴者を獲得した功績はプラス査定です。また、不倫騒動で一線を外れた田中萌アナ(29)を地上波の報道番組に復帰させ『カムバック賞』を受賞させた手腕も称賛に値します。それらを加味すると、現状に少し色を付けた2200万円の微増を提示させていただきたい」

 はたしてテレ朝初の女子アナ監督は長期政権を樹立するか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”