芸能

永野も落胆?流行語大賞「3密」発表に“現場”報道陣や芸人が「脱力」のワケ

 12月1日に「2020ユーキャン新語・流行語大賞」のベストテンが発表され、「3密」が年間大賞に選ばれた。このチョイスに少なからぬ人たちがガッカリしているという。

「同じ新型コロナウイルス関連なら、小池百合子都知事の『密です!』を選んだほうがまだみんな納得できたはず。賞の名前には“新語”とありますが、イメージとしては“流行語”のほうが強い。ベストテンには『鬼滅の刃』や『あつ森』、そして『フワちゃん』といった固有名詞の新語が多く受賞しており、世間からは《それって流行語じゃなくない?》《人名はさすがにおかしいだろう》との意見が続出。流行語のイメージなら、鬼滅なら『全集中』、あつ森なら『だなも』、そしてフワちゃんなら『おはぴよ』を選べばいいのにと思う意見が出るのも無理もないところでしょう」(週刊誌記者)

 そんな声は、流行語大賞の発表会が行われた建物にも充満していたというのである。どういうことか。

「発表会の隣では人気女性アイドルグループのイベントが行われており、ゲスト出演したお笑い芸人の永野が『隣の会場で「流行語大賞」の記者会見やっていて、そこに負けたらダメじゃないですか!』と場を盛り上げていました。その後、イベントの途中で司会者が『流行語大賞、出ました。大賞は「3密」!』と発表。すると会場中に『ああぁ』と残念がる声が広がったのです。壇上の永野はもちろん、会場に詰め掛けていた報道陣も一様に呆れ顔。“3密はないよなあ”“さすがに大賞はないでしょう”といった意味のつぶやきが次々とあがっていましたね」(業界関係者)

 ちなみに昨年はラグビーW杯にちなんだ「ONE TEAM」、一昨年はカーリング女子日本代表チームの「そだねー」、そして3年前はインスタグラムの流行を受けた「インスタ映え」と、世間を納得させていた流行語大賞。その「流れ」を“ぶった斬った”形にしたのは新型コロナのせいもあるのだろうか…。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
5
ドラマ出演の鷲見玲奈、本番前に「野村周平と濃厚キスしまくり」報道に反論!?