芸能

「多目的トイレ」「妻を傷つけることになる」‥‥2020裏流行語大賞開催!

 コロナで始まりコロナで終わろうとしている2020年。今年も、有名人のスキャンダル、舌禍、炎上が数多く発生し、そのたびに有名人たちは力強く叩きのめされていった。

 今年6月、複数の女性を相手に不貞行為を繰り返していたことで活動を自粛していた、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。その際に利用したとされる「多目的トイレ」は、まさに今年の「裏流行語」と言えるだろう。

「多目的とはいえ、さすがに『そんな使用目的はない』とのツッコミがネット上に上がりました。年内にけりをつけたかったのか、12月3日にみずから会見を開いておきながら、年末特番の収録に参加していたことには触れられないなどしどろもどろ。自粛前の活躍まで戻るには、相当時間がかかりそうです」(芸能ライター)

 不貞ということなら今年1月、のちの渡部に匹敵するほどの衝撃をもたらしたのが東出昌大だ。

「妻の杏、そして3人の子どもがいながら、女優の唐田えりかとの3年不貞。会見で、杏と唐田のどちらが好きか聞かれて『妻を傷つけることになる』と呆れるほど正直に答えてしまう粗忽ぶり。この『妻を~』もまた、2020年を代表する裏流行語と言えるでしょう」(週刊誌記者)

 10月に交通事故を起こしておきながら現場から立ち去った俳優の伊藤健太郎にも、厳しい視線が向けられた。

「事故後、追いかけてきた後続車の運転手に諭されて事故現場に戻ってきたもののぞんざいな態度だったこと、今年4月に別件の事故を起こしていたこと、過去から現在にいたる女性遍歴などが続々と明らかに。朝ドラ『スカーレット』(NHK)では、主人公の息子を好演。出演映画『今日から俺は!!劇場版』も大ヒットを記録するなど、乗りに乗っているタイミングでの事故でしたからね。まさに『今日から俺はどうしたらいいんだ‥‥』と頭を抱える思いでしょう」(女性誌記者)

 ただ今発売中の「アサ芸シークレットVol.67」では、2020年を彩った数々の珍言を「2020裏流行語大賞」として大紹介。芸能、政治からスポーツにいたるまで、この1年を振り返るキーワードの数々を、ぜひご覧あれ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声