芸能

小松政夫さん、動画で語っていた植木等さんの付き人時代の「感涙秘話」とは!?

 コメディアン、タレントの小松政夫さんが、12月7日、肝細胞ガンのため東京都三鷹市の病院で亡くなった。享年78歳。生前はザ・ドリフターズとのコントや、「小松の親分さん」「しらけ鳥音頭」「電線音頭」など伊東四朗と見せたコンビ芸は秀逸で、今も我々の心に残っている。

 そんな小松さんは、1960年代に一世を風靡した「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のメンバーだった、故・植木等さんの付き人だったことでも有名で、俳優の小野寺丈のYouTubeチャンネル〈JOE ZETSU BAR〉の、今年3月8日投稿回に出演した際、感涙モノのエピソードを口にしていた。

〈【小松政夫さん】植木等の付き人時代!!まさかのクビ宣告に大号泣!?[JOE ZETSU BAR vol.44]〉とタイトルをつけた回によると、植木さんの車を食事も忘れて磨き続けていたある日のこと。植木さんに誘われ入った蕎麦屋で、遠慮がちにかけ蕎麦を注文した小松さんに対し、植木さんは天丼とカツ丼を注文。

 芸能人はすごいなと感心していると、「あ、医者から止められてたんだ。油モノを食うなって言われた。お前食っとけ」と、植木さんは粋なはからいを見せ、涙したと小松さんは振り返った。

 さらには、付き人になって3年10か月が経った頃、車を運転中に後部座席から「明日から来なくていい」と植木さんからいきなりの宣告、クビかと覚悟した小松さん。ところが、植木さんは「(事務所社長と)お前をタレントとして契約して、マネージャーから給料まで決めてきたから、明日から来なくて良い」と言ってくれたそうで、運転中だけにワイパーが欲しいくらい泣いたとスタジオの笑いを誘った小松さんだった。

 父親を13歳の時に亡くした小松さんは、植木さんを「親父さん」と慕っていたそうだ。今頃、実の父と芸の父に面会を果たし、懐かしい思い出話に花を咲かせていることだろう。

 小松さんのご冥福をお祈り申し上げます。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)