女子アナ

有働由美子「男には奢らせない」発言に垣間見える“貢ぎ体質”“危うい心酔”

 フリーアナウンサーの有働由美子が12月18日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「うどうのらじお」(ニッポン放送)に出演。リスナーを仰天させるエピソードを明かした。

 番組冒頭のフリートークで、最近の急激な寒さから“温かい汁もの”を作って食べたと語り始めた有働。そこで昔のことを思い出したといい、NHK入局時、初任給が17万5000円ぐらいだった頃、飲み会に参加するお金を貯めるために、近所で買ってきた野菜を使い、野菜汁を作ってしのいでいた時期があったという。

「その野菜汁を有働は当時、飲み会に行くために“我慢”していたことから『我慢汁』と呼んでいたというんです。最初は自分の中だけでの呼称だったのですが、そのうち同僚から家計のきつい月末に飲み会の誘いが来ると、普通に『大丈夫!我慢汁でしのぐから』と返していたのだとか。放送で有働は『言葉の意味を知らないことは大変怖いことだなと…』と締めくくっていましたが、彼女のキャラだけに、指摘されてもそのまま使っていた可能性はありそうです(笑)」(エンタメ誌ライター)

 アナウンサーでありながらここまでのド下ネタを放り込んでくるのは、さすが有働といったところだが、この話の中で、対男性の性格を想像させる、彼女の中でのこんな“決まり事”も打ち明けている。

「有働は飲み代を稼ぐ理由について、親の『必ず下心がある』との忠告から、男性には奢らせないためだと語っていました。これは男性側から見れば下心はなくともありがたい女性。かつてバラエティー番組で、自身の男性絡みの性格について、『言われたことを全部信じる』『“好きだよ”って言われたら相手が思っている10倍ぐらい(入れ込んでしまう)』などと語っていた彼女だけに、むしろダメ男にダマされやすい、貢ぎやすいタイプなのかもしれません」(女子アナウオッチャー)

 キャリアと収入のある有働にとって、男は癒やしさえくれればOKの存在なのかも?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”