スポーツ

「満塁男」駒田が語るホームラン打者とアベレージヒッター“思考の違い”が深い!

 巨人、横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手の駒田徳広氏。

 満塁の場面で無類の勝負強さを見せ、「満塁男」の異名を取った駒田氏は、プロ通算18年間で2006安打と名球会入りを果たしてはいるが、意外にも本塁打王を獲ったことはなく、最高は1992年に記録した27本で、30本にも到達していなかった。

 そんな駒田氏が、元プロ野球選手の大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に出演し、ホームランバッターとアベレージヒッターの違いについて明かした。

 12月20日に〈藤田元司を愛しすぎた男・駒田徳広〉とタイトルが付けられた投稿回がそれで、80年のドラフト2位で入団した駒田氏、巨人では、故・藤田元司監督、王貞治監督、長嶋茂雄監督の3人の監督の元で活躍した。

 言わずと知れたホームランバッターの王監督は、駒田氏に40本のホームランを打つ素質を見出していたようだが、駒田氏いわく、

「ホームランバッターって言うのは、相手の失投を打つバッターじゃん。アベレージヒッターって言うのは、相手が投げ分けてきた球を、とにかくコースいっぱいでも『H』のランプつけにかかる(ヒットにする)。だから、ホームランバッターにはなれないわけ、考えが違うから。3回三振しても、4回目に球が甘く入ったらホームランをカーンって打つタイプじゃないから」

 これに大久保氏は大きく賛同、駒田氏をヤマを張るタイプではなく、1球1球慎重に考えながら打席に立っていたと振り返ったのだった。

 駒田氏の話に「ナルホド」と唸ってしまったが、では、3度の三冠王に輝いた落合博満氏はこの考えに対してどう見解を述べるだろうか?ぜひ、このチャンネルに招いて意見を伺いたく、大久保氏に期待したいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”