芸能

高橋みなみ、夫ネタで「毒嫁」批判も…過去の威光も激減の“空回り現状”

 元AKBでタレントの高橋みなみが12月22日、「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)に出演。その際の発言が、物議を醸している。

 番組で高橋は、かなり夫の不貞を「疑ってしまう」ことを打ち明け、「家族のルール」として“夫が一度でも夜の女性接待の飲食店に行った場合、「離婚」になると告白。さらに「旦那さんの友達周りにも『連れて行かないでくれ』って、みんなに一人一人説明しています」と打ち明け、華丸と大吉にそうした店には当然行くと告げられると、「行くんですか!?」と絶句したのだ。

 これにはネット上で、〈面倒くさい嫁だな〉〈たかみな、完全に毒嫁じゃん〉〈これじゃ早々に離婚じゃないの?〉などブーイングが巻き起こり、加えて〈あの発言って職業差別では?〉〈いかにも汚らわしい場所に行くなという物言い。働いてる女性も敵に回したな〉などの指摘まで出ている。

 高橋は昨年5月1日15歳年上の一般男性と結婚。現時点では幸せな新婚生活を送ってはいるようだが…。

「結婚後の高橋は、“歯磨きやお風呂に入ることを怠りがちな夫をチェックしている”と明かすなど、夫とのエピソードをネタとしてバラエティ番組に出演しているものの、毎回メインを張るようなレギュラーはEテレの10分間番組が印象にあるぐらいで、かつて国民的アイドルグループの総監督を務めた力量を発揮する場がない、厳しい状況です。そこで10月から隔週水曜日のレギュラーゲストを務めることになった『バイキングMORE』(フジテレビ)で存在感を見せたいところでしたが、先頃は新型コロナを巡る発言で《勉強不足》と痛烈な批判を浴びる結果を招いてしまった。男女ともに、もう一つ世間の評価を得られないのが現状です」(エンタメ誌ライター)

 夫のネタを出しすぎて、公私ともに大ケガを負わないことも祈るばかり。何とか元総監督としての巻き返しに期待したいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは