スポーツ

打倒巨人に「使命感」!元中日・谷沢健一が「1974年の星野仙一」を動画回顧

 1974年は巨人軍にとって劇的な年であった。65年から続いていたV9に終止符が打たれ、川上哲治監督が辞任。ミスターこと長嶋茂雄氏が森正彦氏とともに引退、長嶋氏の「我が巨人軍は永久に不滅です!」はあまりにも有名な言葉で、ファンの悲鳴とため息に溢れる年ではなかっただろうか。

 一方、巨人の優勝を阻んだ中日ドラゴンズにとっては有意義な年になったであろう。中でも故・星野仙一氏にとって、74年は15勝9敗10セーブの活躍で、セ・リーグ初となる最多セーブ投手に輝き、ピッチャーにとって最高の栄誉である沢村栄治賞も初受賞している。川上監督と長嶋氏に引導を渡したのは星野氏と言っても過言ではないかもしれない。

 そんな74年の星野氏を「燃えに燃えた年でした」と懐かしく振り返る人がいた。中日では星野氏の1年後輩にあたる元プロ野球選手、谷沢健一氏だ。YouTubeチャンネル〈谷沢健一〉、11月5日に〈【中日ドラゴンズ】星野仙一さんとの思い出・秘話〉とタイトルをつけた投稿回の中で、星野氏はローテーションを崩してでも先の巨人戦を見越して投げていくことに徹していたようで、「巨人に勝つことに使命感を帯びていた」と谷沢氏は振り返っている。

「燃える男」と聞けば、頭に浮かぶのは星野氏と元プロレスラーのアントニオ猪木氏くらいのものではないか?プロレスラーと肩を並べる星野氏の熱い闘魂振りは圧巻であった。

 当時の心境を星野氏に訊ねることが今となってはできないのは残念だが、谷沢氏のように同じ時代を戦った選手から話が聞けるのは嬉しいことだ。谷沢氏のYouTubeには今後も期待を寄せたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク