スポーツ

打倒巨人に「使命感」!元中日・谷沢健一が「1974年の星野仙一」を動画回顧

 1974年は巨人軍にとって劇的な年であった。65年から続いていたV9に終止符が打たれ、川上哲治監督が辞任。ミスターこと長嶋茂雄氏が森正彦氏とともに引退、長嶋氏の「我が巨人軍は永久に不滅です!」はあまりにも有名な言葉で、ファンの悲鳴とため息に溢れる年ではなかっただろうか。

 一方、巨人の優勝を阻んだ中日ドラゴンズにとっては有意義な年になったであろう。中でも故・星野仙一氏にとって、74年は15勝9敗10セーブの活躍で、セ・リーグ初となる最多セーブ投手に輝き、ピッチャーにとって最高の栄誉である沢村栄治賞も初受賞している。川上監督と長嶋氏に引導を渡したのは星野氏と言っても過言ではないかもしれない。

 そんな74年の星野氏を「燃えに燃えた年でした」と懐かしく振り返る人がいた。中日では星野氏の1年後輩にあたる元プロ野球選手、谷沢健一氏だ。YouTubeチャンネル〈谷沢健一〉、11月5日に〈【中日ドラゴンズ】星野仙一さんとの思い出・秘話〉とタイトルをつけた投稿回の中で、星野氏はローテーションを崩してでも先の巨人戦を見越して投げていくことに徹していたようで、「巨人に勝つことに使命感を帯びていた」と谷沢氏は振り返っている。

「燃える男」と聞けば、頭に浮かぶのは星野氏と元プロレスラーのアントニオ猪木氏くらいのものではないか?プロレスラーと肩を並べる星野氏の熱い闘魂振りは圧巻であった。

 当時の心境を星野氏に訊ねることが今となってはできないのは残念だが、谷沢氏のように同じ時代を戦った選手から話が聞けるのは嬉しいことだ。谷沢氏のYouTubeには今後も期待を寄せたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫