芸能

2021年も芸能人の大量“事務所退社”が巻き起こる「2つの理由」

 所属する太田プロダクションからの独立が12月22日に発表された、元AKB48の女優・前田敦子。今後はフリーで活動していくというが、それにしても2020年はタレントの独立・移籍が多かった。

 大量離脱が話題になったオスカーからは、米倉涼子、剛力彩芽、岡田結実など。ジャニーズからは中居正広、手越祐也、長瀬智也。ワタナベエンタテインメントからはブルゾンちえみ、原千晶。スターダストからは柴咲コウ、栗山千明。スペースクラフトからは有森也実、 神田うの。テイクオフから田中みな実といった例がある。

 なぜこれだけタレントの独立が相次いだのか。

「2018年2月、公正取引委員会が、事務所が契約を終えた芸能人の移籍や独立を一定期間制限したり、活動を妨害することを示唆したりすれば独禁法で禁じる『優越的地位の乱用』にあたると見解を示したことで、完全に潮目が変わったといえるでしょう。さらに19年、 公取委がジャニーズ事務所に対し、元SMAP(現・新しい地図)の3人について『番組出演を妨げるような働きかけがあった場合は独禁法につながる恐れがある』とした内容の注意をしたことも大きかった。ジャニーズは“圧力”について否定はしていますが、実際にその後、今年3月に中居、6月に手越が独立。7月に長瀬が 21年3月の独立を発表していますからね」とはエンタメ誌ライター。

「また、SNSの隆盛もタレントの独立を後押ししています。ユーチューバーらがテレビ以外の媒体で知名度を上げ稼げるようになったことで、タレントも大手事務所に所属しツテのあるテレビ局へ売り込んでもらわなくても、自分でSNSを通じて発信したり、仕事の依頼を受けることができるようになったのです」(前出・テレビ誌ライター)

 とはいえ、事務所に所属していないと、テレビ局などへの営業やオーディションの情報収集、さらにトラブルがあった際の取材や訴訟の対応などをすべて独力でこなさなければならないというデメリットもあるという。

 いずれにせよ、タレントの独立は今後も増え続けるのではないか。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる