社会

オヤジたちよ、50歳を過ぎたら「肛門」を信用するな!(3)異常が出たらきちんと検査を

 隠れた出血を確認するためには、便潜血検査を受けなければわからない。いわゆる「検便」だが、「ガン」という大病を見つけるためには、この検査が一番だという。こうした大腸ガンの検査は各市町村では必ず実施されている。また、大腸ガンは50歳代から急速に罹患率が高まるので、40歳を過ぎたら受けることが重要だ。最低でもその他に3~5年に1回、内視鏡検査を受けるべきだという。

「健康だから検診を受けなくていいよ、というのは大きな間違いです。ところが受診率がすごく低く、東京都で言うと大腸ガン検診の受診率は25%前後しか受けていません。大腸ガンは予後がいいから、早く見つければ、他のガンに比べ、生命が助かる率がすごく高いのです」(久保田理事長)

 万が一、ガンと診断されてもその病名におびえてはいけない。大腸ガンの治療方法は劇的に進化しているのだ。

「昔は、開腹しなければなりませんでしたが、今では症状によって内視鏡で手術ができます。大きなポリープでも内視鏡で手術できるようになり、治療範囲が拡大しているのです。また、大腸の部分切除も腹腔鏡で手術ができます。体に小さな穴を開けて行うので、社会復帰がとても早いのです」(前出・久保田理事長)

 一方、大腸ガン検診の実施方法には、大きな問題があるという。

「検診の実施を市町村にまる投げしているので、自治体によって無料と有料の実施が行われています。本来、国は国民の健康を守る義務があり、こうした格差がついていることに強い疑問を覚えます」(前出・久保田理事長)

 もう一つの問題は、大腸と肛門を診察する専門医が不足していることである。目視によって確実に症状を診断できるのは内視鏡なのだが、これを操作できる医師が確保されていないのだ。

「内視鏡による検査が現在、最もベストな方法ですが、一方で大腸・肛門科は少なく、患者さんも訪れる病院に専門の先生がいるかどうかは、わからないです。『肛門科』という看板の付いた病院の門をくぐることに抵抗感があることは理解できますが、大変なことになる前に肛門や便に異常が出たら、まず医師に相談することを習慣にしましょう」(前出・久保田理事長)

 オヤジたちよ、50歳を過ぎたら「肛門」を信じるな!

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?