社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<痔>「長引く便秘に注意!大腸ガンの可能性も」

 日本人の3人に1人が悩んでいると言われる「痔」。早めの治療で治る病気だが、恥ずかしさや抵抗感から病院に行く人が意外に少ない。

 市販薬で治療できる場合もあるが、1~2週間使用しても治らない場合や、出血がある時は大腸ガンなどの可能性もあるので、「肛門科」を受診したほうがいいだろう。

 というのも厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」(2016年)によれば、肛門診療をしている医師は全国に4000人以上いる。ところが肛門外科(肛門科)を専門にしている医師は1割程度にすぎない。中には痔の手術経験がほとんどない医師もいるほどだ。

 痔には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)の3種類があり、痔核の患者が最も多い。「内痔核」は、肛門の内側がうっ血してイボ状に膨れ上がり、痛みを感じることは少ない。症状が軽ければ軟膏や座薬を使って様子をみることが多いが、痔核が大きくなると排便時に肛門の外に出るようになり(脱肛)、指で押し込まないと戻らない状態になれば手術の必要も出てくる。

「外痔核」は肛門の外側にできて痛みを伴う。特に、急に出現して強い痛みを伴う「血栓性外痔核」は肛門の内部に血の塊ができ、普通は自然に消失するが、場合によっては切開して血の塊を取り除くことになる。

 痔核の主な原因は便秘だ。硬い便を出すために強くいきむことなどが引き金となり、肛門周辺の血液の循環が滞り、うっ血を起こしてイボができる。トイレ以外でも、長時間立ち続けたり座り続けたり同じ姿勢を長く続けるのも、血流が悪くなり肛門に負担がかかる。

 痔は排便習慣や食生活の改善と薬によって、症状が改善するケースが多い。食物繊維を多くとるなど食生活の改善や、駅の階段を使って運動不足を解消。エアコンなどで体を冷やしすぎない、ストレスをため込まない生活を心がけることが重要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?