政治

酒場交遊SPECIAL対談「弘兼憲史×豊田真由子」(1)袋とじに登場かと思ったんだって?

 週刊アサヒ芸能人気連載でもおなじみ漫画家・弘兼憲史氏と、元衆議院議員・豊田真由子氏の異色対談が実現! 意外にも飲み仲間だという2人。現在、新型コロナ問題のコメンテーターとしても活躍し、ネット上では“まゆゆ”の愛称でも呼ばれる豊田氏のお茶目な一面から“例の事件”の真相まで、たっぷりと明かした。

弘兼 今回、私たちが飲み仲間だという話を聞いて、2人の意外な取り合わせがおもしろいということで、編集部から対談依頼があったんですよ。

豊田 LINEで先生からお話をいただいて、これは断るわけにはいかないと。今日はドキドキしながらやってきました。

弘兼 今日は世間の皆様がイメージしている豊田さんとは違う、チャーミングで才色兼備な魅力を、読者の皆さんにお届けできたらなぁ、と思っているんですよ。

豊田 (照れながら)ありがとうございます。

弘兼 でもこの対談前に、「2人で『袋とじ』に登場じゃない?」と冗談で言ったら、本当に「袋とじ」を調べたんだって?

豊田 はい。ネットで調べたんですが、ビシッとは出てこなかったんです。なんとなく見当がついても、「『2人で』って何? なんで?」となって(笑)。冗談が通じなくて、すみません。

弘兼 男性誌を読んだことがない人には、なかなかわかりづらいかもね。

豊田 先生とは1年ぐらい前に、私が姉のように慕う友人を介して知り合ったんですよね。それ以来、いつも先生とお友達も含めた、4人で飲んでて。

弘兼 最初に会ったのは四谷の居酒屋でしたっけ?

豊田 そうです。ただ、私、お酒の価値がわからなくて。先生たちはいつも高級なお酒を飲まれますが、私はレモンサワーとか、ごく普通のお酒をおいしく飲んですぐ酔ってしまうので、飲ませがいがないヤツかもしれません(笑)。でも、「末っ子」として先生たちのお話に加わって、ほのぼのさせていただいております。いろんな人づきあいの形があると思いますが、私は、肩書とかは関係なくて、「その人自身が何を考えどう生きているか」に尽きると思うから、万が一、先生が無職になって、無一文になっても、一緒に飲みたいと思ってるんですよ。

弘兼 ありがとうございます。豊田さんに会うまでは、眉毛をギュッと上げて怖いイメージの方だとばかりに思ってましたから、お会いしてあまりにもピュアな方なんで驚きました。「あの時」のキャラは何だったんだと。

豊田 いやいや、別にキャラというわけでは‥‥。あの騒動のあとは心労で体重が12キロ落ちてしまったんですが、元に戻ったうえに、さらに8キロも増えてしまい、トータル20キロ増(涙)。

弘兼 えっ、今でも十分スレンダーなのに? 

豊田 アハハハ、実は脱ぐと、おなか回りとか、スゴいんですよ、お見せできないのが残念ですが(笑)。小学生の娘と一緒にお風呂に入ると「もうすぐ弟か妹かできるの?」とイヤミを言われます。

弘兼 アサ芸には「隣の淫ら妻」というグラビアページがありますが、「豊田が脱いだ!」というのはいかがですか。

豊田 いやいや(笑)。

弘兼 そういえば、2人きりで飲んだことはありませんよね。

豊田 男女の仲ではありませんから(笑)。これはちゃんと言っておかないと。どんなに安全で優しい人でも、男性と2人で御飯を食べない、という規範を自分に課しています。親がものすごく厳しかったこともあり、なんていうか、そのあたりは融通が利かないかも。

弘兼 旦那さんも安心ですね。

豊田 今日は先生、いつもの呑んだくれた姿じゃないんですね。格好いい。

弘兼 いちおう、写真を撮りますからね、きちんとネクタイをしてきました。

豊田 あっ、ミッキーマウス柄のネクタイですね。私もミニーマウスのボールペン、気に入って使ってるんです。うわ~、偶然ですね。

弘兼 ハハハ。相変わらず天真爛漫ですね。

弘兼憲史(ひろかね・けんし)47年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。74年に漫画家としてデビュー。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載するほか、作家、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中。

豊田真由子(とよた・まゆこ)74年生まれ、千葉県出身。東大法学部を卒業後、厚労省に入省。12年に衆議院議員総選挙に当選。14年の衆議院議員総選挙で再選。現在は社会保障や感染症対策の専門家としても活躍。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
5
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」