芸能

美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(1)日テレ・水卜麻美はフリー転身に向け順調だったが…

 日本テレビの水卜麻美アナが、4月より「スッキリ」から「ZIP!」へと異動する。エースの空いた枠を埋めるのは期待のホープ。にわかに動き出した「朝の情報番組戦争」に色めき立つ他局も黙ってはいない。はたして一気に抜け出す美女アナは──。

「春から朝の情報番組『ZIP!』を担当することになりました。私にできることは何か、しっかり考えて精いっぱい務めたいと思います。それに伴いまして、この『スッキリ』を3月いっぱいで離れることになりました。これから3カ月ほどでしょうか。残せること全部残して、やれることを全部やって早い時間に行きたいと思います! 私に何でもやらせてください!」

 1月4日放送の「スッキリ」で、こう異動報告をしたのは日本テレビの水卜麻美アナ(33)だ。「好きな女子アナランキング」(オリコン調べ)で殿堂入りを果たしている同局エースが番組を移るには、いくつかの理由があった。日テレ関係者が声を潜めて語る。

「数年来、フリー転身がささやかれてきた彼女の待遇をよくするため、よりいいポジションが用意されました。『ZIP!』は過去に『ズームイン!!朝!』が放送されていた伝統の枠で、日テレでは朝の看板番組の位置づけです。『スッキリ』の視聴者が主婦層メインなのに対して、出勤前の時間帯である『ZIP!』は老若男女が視聴する。朝の情報番組の中で、2番手からトップの番組へと栄転させたうえ、サブ司会からメイン司会への昇格です」

 正真正銘、日テレのエースとなった水卜アナだが、そこまでの青写真は自分自身で描いてきたという。11年より約6年半担当した「ヒルナンデス!」で男女問わず人気を集めてからのことである。

「その後、フリーになる準備として、みずから『スッキリ』への異動を志願しました。というのも、人気先行ではなく、報道番組で重要視されるスキルを磨きたかったからです。フリーになってから、どんなジャンルでも通用するように、バラエティーと報道の要素がある情報番組に飛び込みました」(日テレ関係者)

 結果、着々と実績を積み上げていく。いよいよ「スッキリ」卒業でフリー転身と思われたのだが、計画が崩れることに。日テレ関係者が続ける。

「コロナ禍で昨年開催予定だった東京五輪が延期になりました。東京五輪が終わるまでは局アナでいたいと思っているんです。フリーアナは番組との契約ですから、特定の番組でしか五輪の様子を伝えることができません。しかも高額ギャラが響いて、フリーでは制作費を抑えたいテレビ局から敬遠されがちです。そのため、フリー転身を先延ばし。今はひとまず『日テレを背負って東京五輪に携わる』と、お金では買えないやりがいを求めて燃えているようです」

 そもそも、彼女の番組異動劇の背景には、その制作費の問題も絡んでいた。

「真相報道 バンキシャ!」では、高額ギャラがネックとなって、MCを務める福澤朗(57)が3月いっぱいで卒業。現在「ZIP!」のMCである桝太一アナ(39)にバトンタッチし、玉突き的に水卜アナが「ZIP!」を引き継ぐことになったというのだ。

 収まりがいいところに落ち着いたように見えるが、並行して水卜アナの独立カウントダウンも進行。新たなエース誕生が待たれることになった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?