女子アナ

フジ井上清華、「めざまし」メイン抜擢に称賛も三宅アナ留任に“冷めた声”

 1月16日、フジテレビ系の早朝の情報番組「めざましテレビ」で、4月からのメインキャスターに井上清華アナと生田竜聖アナが就任することが報じられた。

 現在メインを務める永島優美アナは3月いっぱいで同番組を卒業後、「とくダネ!」の後番組となる「めざまし8」のメインに引っ越し。井上アナは、かつて「女子アナ帝国」と呼ばれたフジの出世路線とも言える「めざましのメイン」ゲットにより、一気に将来のエース候補に名乗りを上げたともっぱらだ。

「ネット上ではこの抜擢に、一様に称賛の声が上がっています。青学大時代には『ミス青山コンテスト2015』のファイナリストにまで選ばれた美女で、透明感も抜群。彼女は番組でよく薄手のニットを着ているのですが、胸の膨らみを見る限り推定Eカップ。そんなバストの迫力も、今回の『めざまし』就任に男性視聴者が納得した理由でしょう」(女子アナウオッチャー)

 対し、相方となる生田竜聖アナは、ご存じ俳優の生田斗真の弟でイケメンのため、女性視聴者からの評判も上々だが、そうした中で冷めた反応しきりなのが、引き続き総合司会の立ち位置を務めることとなった、三宅正治アナである。

「三宅アナは2012年、病気療養で番組を降板することになった大塚範一キャスターの後任として、スポーツ畑から『めざまし』に就きましたが、当初から“眉間にシワを寄せ表情が厳しすぎる”“何を伝えても深刻そうに見える”など、爽やかさが求められる情報番組の司会には向いていないのではとの声が出ていました。そんな声を気にしてか、本人も明るい表情を作り、若い後輩アナのノリについていく努力は見られるのですが、今回、改めて《ギャグも寒いから見ていられないんだよね》《そろそろ若手に席を譲ればいいのに》といった声が出ているんです」(エンタメ誌ライター)

 おじさんアナに世間の目は厳しいようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来